鉄骨住宅「サンヨーホームズ」の坪単価

サンヨーホームズの鉄骨住宅は安い!!

 

『サンヨーホームズ』の坪単価は約70万円です!!

 

リーズナブルな鉄骨住宅

 

『サンヨーホームズ』

 

『サンヨーホームズ』見積もりはこちらです!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

『サンヨーホームズ』の坪単価は約70万円! だが・・・(名古屋・福岡)

鉄骨住宅の『サンヨーホームズ』の坪単価は、平均的には65万円〜70万円くらいだと言われています。ですがサンヨーホームズはZEHが標準仕様で、さらに地震対策として「高耐震+制震」のハイブリッド制震システムを標準採用しているので、他の鉄骨住宅系のハウスメーカーと比較するとかなり割安です。しかし商品によってはかなり価格の差があるので、実際に建てると坪単価に大きな差が出る事も確かです。サンヨーホームズはZEH仕様が標準仕様ですが、屋根断熱などのオプションを多く採用すると坪単価は80万円近くになり、大手ハウスメーカーの鉄骨住宅と同じような坪単価となってしまいます。さらに住宅の大きさや間取りによっても坪単価は大きく変わってくるのです。

 

ですから「見積もり」請求をオススメします!!

総価格 ÷ 延床面積 = 坪単価

 

 

 

ネット上の『サンヨーホームズ』の坪単価は信じるな!!(名古屋・福岡)

サンヨーの家

ネット上には様々な情報がありますが、全てが本当とは限りません。実は嘘の情報の方が多いかもしれないのです。サンヨーホームズ公式のHPに記載されている内容ならば、間違いの無い真実ですが、個人のブログや公式では無い住宅関連サイトの情報は鵜呑みにしてはいけません。実際に見積もり請求をして確認することが一番間違いの無い方法です。あなたの希望の広さ、仕様、デザイン、こだわりなどを加味した見積もりを取れば、坪単価は一円単位でわかるのです。サンヨーホームズの鉄骨住宅が気になるのなら、見積もり請求を強くオススメします!!

 

 

★『サンヨーホームズ』の見積もりが自宅に届く!!

ドマーチェ

 

 

ネット見積もりなら【タウンライフ ハウスメーカー特集】(名古屋・福岡)

【タウンラフ ハウスメーカー特集】の4つのポイント!!

 ネットで簡単見積もり!
 営業されない!
 複数社から見積もり!
 無料・タダ!

 

【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、スマホ・パソコンからの申し込みで有名ハウスメーカーの「見積もり」を請求することができます。もちろん『サンヨーホームズ』の見積もりも簡単に請求できます。

 

住宅展示場やモデルハウスに行かなくても、簡単に見積もりが簡単に手に入るのです。最大の魅力はインターネットで見積もり請求が完結するので、うざい営業をされる心配がないのです。また、『サンヨーホームズ』以外の他のハウスメーカーの見積もりも、同時にまとめて請求できるので非常に便利です。より多くのハウスメーカーの見積もりや資料を集めて比較すれば、『サンヨーホームズ』のリーズナブルな鉄骨住宅の魅力もよくわかるはずです。

 

また、この【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、間取りプランも一緒に送ってくれるので、さらに具体的な検討ができるのです。しかも見積もり請求は何社しても “無料” “タダ” なのです。タダで多くのハウスメーカーの見積もりと間取りを集めることができるのです。これは利用しない手はありません。また、仮にあなたが既に『サンヨーホームズ』の見積もりを持っていたとしても、他のハウスメーカーの見積もりも請求するべきです。沢山集めて比較検討すべきなのです。『サンヨーホームズ』と他のハウスメーカーを比較すべきなのです。何しろ“無料” “タダ” なのですから・・・

 

★こちらからどうぞ★

 

 

 

サンヨーホームズの関連動画 【2018最新版】

 

 

 

家づくりに風水を!!

 

大きくなった芦田愛菜ちゃん!!サンヨーホームズCM!!

住宅選びや見積とは関係ないのですが・・・・・

 

サンヨーホームズのCMといえば・・・芦田愛菜ちゃんです!!今ではすっかり大きくなって中学生になったそうです。最近では中華まんのCMでも見たような気がします。

 

 

 

やっぱり、小さい頃の方が・・・・・・

 

 

※画像はサンヨーホームズHPより引用

 

 

コラム

サンヨーの家の予算

予算は家づくり全体で!!

家づくりに掛かる費用を考えるうえで心掛けたいのは、家づくり全体を広く見据えるという視点です。例えば地盤対策工事に掛かる費用があります。これは地盤調査の結果次第で必要になる費用ですから、つい忘れがちです。しかし場合によっては、100万円単位で掛かってくる費用なので、決して小さい金額ではありません。仮に地盤対策工事が必要になった場合、どの程度の費用が掛かることになりそうか、例えば平方メートル単価の見込み額だけでも、早めに確認しておきたいものです。建物の内外を一体でとらえるという見方も不可欠です。予算の制約から、建物本体工事にすべてのお金をつぎ込んで、外構はひとまずほったらかし、という例をよく見かけますが、これは望ましくありません。なぜなら、ガスや水道といったライフラインは敷地の外から配管を通じて引き込むものなので、建物本体だけを敷地から切り離して考えることはできないからです。配管をどこからどのように引き込むかということは、外構計画にも影響します。

 

 

 

もう一つは、敷地境界から玄関までのアプローチ部分や駐車スペースの造りが、その住宅の防犯性能を大きく左右するからです。敷地境界に門扉を設けず、そこから中に入った玄関脇にインターホンを取り付けた住宅を考えてみましょう。こうした住宅では、だれかが敷地内に足を踏み入れ玄関付近にまで立ち入っていたとしても、近所の人に見とがめられることはないと思われます。インターホンを鳴らすには、そこまで立ち入らざるを得ないからです。防犯の観点からいえば、この「見とがめられない」という状況は極めて危険です。犯罪者に忌避されるのは、決して造りの強固さではなく、第三者の目です。それがない状況とは犯罪者にとって、やりたい放題できる状況に等しいのです。たとえ予算に制約があっても、敷地境界にはやはりきちんと門扉のような公道と私有地を分ける区切りを設け、そこにインターホンを取り付けるべきです。物理的には後付けも可能かもしれませんが、計画上それは好ましくありません。予算に余裕があろうがなかろうが、まず全体計画をしっかり描くことが重要です。余裕がなければ、緊急度・重要度に応じて何段階かに分けてその計画を実行していけばいいのです。新しい住まいで新しいテレビを新しいソファでくつろぎながら楽しみたいという夢の実現は後回しにしてでも、先に手を付けなければいけないことがあるはずです。


 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る