サンヨーホームズの坪単価の注意点

鉄骨住宅サンヨーホームズの坪単価 【2019〜2020】

 

『サンヨーホームズ』の坪単価は約75万円です!!

 

 

 

しかし!!

【注意点】

サンヨーホームズの鉄骨

『サンヨーホームズ』はリーズナブルな鉄骨住宅を展開していますが、オプションや大まかな設計変更に関する費用は少し割高なようです。一般的には坪単価は70万円前後と言われています。ですがサンヨーホームズは太陽光発電と蓄電池が標準仕様で、さらに地震対策として「高耐震+制震」のハイブリッド制震システムも標準採用しているので、他の鉄骨住宅系の大手ハウスメーカーと比較するとかなり割安となるのは事実です。しかしオプションや設計変更を多用して建築するとかなり割高になるようです。サンヨーホームズはZEH仕様が標準仕様ですが、屋根断熱などのオプションを多く採用すると坪単価は80万円近くになり、大手ハウスメーカーの鉄骨住宅と同じような坪単価となってしまいます。

 

 

ですから実際に見積もりを取ることをオススメします。『サンヨーホームズ』のHPには多くの建築事例が載っています。そこで自分の好みのを選び、自分の建築条件、好みの設備仕様などを加味した見積もりを請求するべきなのです。

 

 

 

リーズナブルな鉄骨住宅『サンヨーホームズ』!!

 

 

『サンヨーホームズ』見積もりはこちらです↓↓↓

 


 

 

ネットの『サンヨーホームズ』の坪単価は信じるな!!嘘ばかり?

インターネット上には多くの情報が氾濫していますが、全てが本当とは限りません。その情報を鵜呑みにすると痛い目にあうこともあります。。サンヨーホームズ公式HPならば間違いの無い真実でしょうが、

 

個人のブログや非公式な住宅サイトの情報は鵜呑みにしてはいけません。

 

このサイトも然りです。

 

ここで紹介している情報も疑って見るべきかもしれません。

 

実際に見積もり請求をして自身の目で確認することが一番間違いの無い方法なのです。あなたの希望の広さ、仕様、デザイン、こだわりなどを加味した見積もりを取れば、坪単価は一円単位まで、明確にわかるのです。サンヨーホームズの鉄骨住宅が気になるのなら、見積もり請求を強くオススメします!!

 

 

★『サンヨーホームズ』の見積もりが自宅に届く!!

 

 

営業されない!? ネット見積もりがオススメです!!

【タウンラフ ハウスメーカー特集】の4つのポイント!!

 インターネットで簡単見積もり!
 ネットでの見積もりなので営業されない!
 複数社からまとめて見積もり!
 利用は完全無料!

 

【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、インターネットからの申し込みでハウスメーカーの「見積もり」を請求することができます。わざわざ住宅展示場やモデルハウスに行かなくても、見積もりが簡単に手に入るのです。しかも、インターネット経由の見積もりなので、

 

しつこくわずらわしい営業をされる心配もありません。

 

更には『サンヨーホームズ』以外の他のハウスメーカーの見積もりも、同時にまとめて請求できるので、ハウスメーカーの比較検討にはとても便利なサービスなのです。複数のハウスメーカーの見積もりや資料を集めて比較すれば、『サンヨーホームズ』の魅力もより理解できるはずです。

 

 また【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、見積もりに即した間取りプランも一緒に送ってくれるのです。、見積もりと間取りが揃えば、より具体的な検討ができるはずです。しかも見積もり請求は何社しても “無料” “タダ” なのです。すなわち、無料で多くのハウスメーカーの見積もりと間取りを集めることができるのです。また、仮に『サンヨーホームズ』の見積もりは既に持っていたとしても、他のハウスメーカーの見積もりも請求するべきです。特に大手の鉄骨系ハウスメーカーと比較すれば、『サンヨーホームズ』の魅力もよくわかるはずです。

 

 

◆大手鉄骨系ハウスメーカー

●積水ハウス  ●ダイワハウス  ●へーベルハウス  ●パナホーム  ●トヨタホーム

 

 

『サンヨーホームズ』と比較されるハウスメーカー!!

サンヨーホームズは鉄骨住宅専業の中堅ハウスメーカーです。ですから、同じ鉄骨住宅のハウスメーカーと比較されることが多いようです。鉄骨住宅と言えば大手のハウスメーカーが思い浮かびますが、それらに比べると明らかにサンヨーホームズはリーズナブルな価格設定となっています。そこがサンヨーホームズの最大のセールスポイントと言えるでしょう。

 

鉄骨住宅を扱うハウスメーカー

積水ハウス

鉄骨軸組工法

ダイワハウス

鉄骨軸組工法

ヘーベルハウス

鉄骨軸組工法

セキスイハイム

ユニット・ボックス工法

パナホーム

鉄骨軸組工法

トヨタホーム

鉄骨軸組工法 & ユニット・ボックス工法

 

 

サンヨーホームズは標準仕様が充実!!

 

サンヨーホームズの制振

サンヨーホームズは標準仕様がかなり充実しています。最近はやりのZEH住宅普及を見込んで「太陽光発電システム」と「蓄電池システム」が標準搭載となっています。更には「高耐震+制震」のハイブリッド制震システムも標準です。その他「オール電化」「光触媒の外壁材」も標準仕様になります。他のハウスメーカーではオプションとなってしますようなこれらの設備が最初から付いているのです。

 

サンヨーホームズの外壁

サンヨーホームの坪単価は平均的には約65万円ぐらいと言われています。決して安い金額ではありませんが、上記の設備が標準で付いているのならば、実質的な坪単価は50万円台の前半と言っても良いかもしれません。その意味でもサンヨーホームズは他の大手鉄骨系のハウスメーカーと比較すると、かなりリーズナブルなハウスメーカーと言って良いでしょう。

 

 

サンヨーホームズの残念なところ・・・【デメリット・難点】

これは全くの個人的な意見ですが、サンヨーホームズで選ぶことができる衛生設備機器はリクシルだけなのは少し残念に感じます。お風呂やキッチン、洗面台、トイレ・・・これらはリクシル製品から選択しなくてはいけないのです。しかも全てのリクシル製品からではなく、限られた製品の中からの選択です。決してリクシルが良くないとは言いませんが、そのほかのメーカーも選択肢にある方が良いのではないでしょうか。特にキッチンは女性のこだわりが強い部分なので、メーカーを選ぶ楽しみも欲しいところです。ネットのクチコミにはこれに関する書き込みが多いようです。

 

※画像はサンヨーホームズHPより引用

コラム

鉄骨住宅のポイント

鉄骨住宅のここがポイント

鉄骨住宅については、在来工法と同様に『建築基準法施行令第63条〜第70条』を熟読することをお勧めします。そして、主なチェックポイントは、

 

鉄骨材が設計図書で指示された材質のものか(ミールシートを確かめる)
有効細長比で施工されているか(柱で200対1以下、柱以外で250対1以下)
柱の基部が十分にアンカーボルトで緊結されているか
リベット、溶接部分が所定の検査をクリアしているか
斜め材(筋違)が所定の個所に施工されているか
柱の防火被覆がなされているか(地階を除く階数が3以上の建物)

 

などとなりますが、実際問題としてこれはシロートにはそう簡単ではありません。しかし、ここに挙げた項目については、工事責任者にしっかり質問することだけは忘れないでください。また、施にしている人に聞いても十分に納得できない場合は、第三者の建築士に@〜Eだけはチェックしてもらいましょう。調査してもらう個所(範囲)を定めての検査なら、さほど費用はかかりません。

 

なお、ただ1つシロートにもできる。重大なチェック個所”があります。それは、鉄骨構造体の水平度と垂直度のチェック。このチェックはJASS(ジャパニーズーアーキテクチュアルースタンダードースペースフィケーション)といい、「日本建築工事標準仕様書」と訳しているもののなかに検査基準が定められています。木造にも鉄筋コンクリート造にも、その他の工法にも水平・垂直度の基準は設けられていませんが鉄骨造だけにはあります。それだけ鉄骨構造体では水平・垂直度が問題になるということでもあるわけです。その主要項目と目安を上に示しておきますので、この基準を超えた場合は補修を請求しましょう。調べる方法は「下げ振り(糸の先端に円錐型の重りをつけたもので測る)」で十分です。


 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る