地震に強いハウスメーカー

地震に強い・災害に強い ハウスメーカーはあるのか?

 

地震に強い家 

 

【目次】

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

地震に強い家とは? ハウスメーカーとは?

 

大規模震災が発生して住宅の被害がすると、倒壊せずに持ちこたえた住宅を建てたハウスメーカーが話題になります。その逆の場合も然りです。大きな地震被害が発生するたびに耐震性の優れた住宅、ハウスメーカーに注目が集まります。これはどのハウスメーカーで住宅を建てれば安心なのかというユーザーの大きな関心事なのです。東日本大震災や熊本自地震以降、その傾向はとても顕著になっています。今や耐震性は住宅選びの、ハウスメーカー選びの最重要ポイントは「耐震性」なのかもしれません。

 

それでは「どこのハウスメーカーで家を建てれば耐震性が高いのでしょうか?」

 

その明確な答えはありません。これと言い切れるような結論は現実にはないのです。なぜならば住宅の耐震性を語る上では、住宅単体の強度だけではなく基礎や地盤、杭、その周辺環境なども大きく関係するのです。もちろんその住宅の構造や築年数、グレード、仕様なども耐震性には大きく影響します。しかしこの世の中には全く同じ条件の住宅はないのです。一概にどこどこのハウスメーカーは地震に強いとか、強度がないとか、耐震性が優れているとか、断言はできないのです。

 

 

 

 

地震に強い家とは? 家単体では結論は出ない!!

 

地震の被害 ハウスメーカー

地震に強い住宅、耐震性の高い住宅とはどのような住宅でしょうか? 一概に地震に強いと言っても、地震にも様々な種類があるのです。地震の被害は揺れによるものだけではありません。東日本大震災では津波の被害で多くの住宅が倒壊にいたりました。多くの住宅が直接的な地震の揺れには持ちこたえることができましたが、その後の津波で流されてしまいました。阪神淡路大震災と中越沖地震では直下型の地震により、揺れによる家屋の被害が拡大しました。更に直近の熊本地震ではこれまでの大規模地震では体験したことの無かった「繰り返しの強い揺れ」の影響で、過去最悪の倒壊率を記録しました。

 

このように地震にはいろいろなタイプがあるのです。東日本大震災で半壊や全壊の被害を免れたハウスメーカーの住宅が、熊本地震のような「繰り返しの強い揺れ」に耐えられるとは言い切れません。東日本大震災の揺れには多くの住宅が持ちこたえましたが、その後の津波によって跡形もなく流されてしまいました。流失をかろうじて免れたハウスメーカーの住宅も、地盤の変形や崩壊などで傾いて使いもにならない住宅も多数ありました。ですから、住宅単体の耐震性ももちろん大切ですが、基礎の耐久性や、地盤の強さ、杭の長さなど総合的に考えないといけないのです。

 

 

東日本大震災と鬼怒川決壊で倒壊しなかったハウスメーカー

東日本で流されなかった

東日本大震災では、津波が引いた後に何棟かの住宅がポツンポツンと残っていました。ほぼ全ての戸建て住宅が流されて跡形も残っていないところに、数棟の住宅が残っているので非常に目立つのです。

 

この時もマスコミが一斉に取り上げ、その残った住宅を建てたハウスメーカーは大きな注目を集めました。更には株価も上昇して、翌年の販売供給戸数が大幅に伸びた事実があります。このハウスメーカーは今でも大きな地震で被害が発生するたびに、業績が上がるのです。東日本大震災の時、流されなかったハウスメーカーとして今でも認知されているのです。それほど多くの方が、地震に強い家、耐震性の優れた住宅に興味があるのです。

 

鬼怒川決壊 白い家

平成27年9月関東・東北豪雨で鬼怒川が決壊して大きな被害が発生しました。その時、一つの白い家だけが流失を免れ非常に大きな話題になりました。周りの他の住宅は全て流されているのに、その白い家だけが残っていたのです。周辺にも災害に強いと言われる大手ハウスメーカーの新築住宅も数棟ありましたが、ことごとく流され、原型をとどめていたのはその白い住宅だけでした。なぜこのハウスメーカーの白い住宅だけが残ったのでしょうか?

 

他の大手ハウスメーカーの耐久性が高いと評判の住宅が流されているのに、この白い家だけが流されなかったのでしょうか? 災害発生時からワイドショーなどで生中継され、ネット上でも話題となり、この白い家の奇跡は日本中の注目の的となりました。翌月からこの白い家を作ったハウスメーカーには問い合わせが殺到し、展示場やモデルハウスには大勢の見学者が来たそうです。周りの家が跡形もないのに、この白い家だけが何事もなかったように、新築同様で佇んでいるのですから、これから注文住宅を検討しようとしている方としたは非常に気になるところでしょう。

※お勧め資料請求

※ヘーベルハウスの値引き交渉

※セキスイハイム「パルフェ」のマル秘値引き交渉!!

※熊本地震に耐えた「ツーバイフォー住宅」

 

 

 

鬼怒川洪水と東日本大震災の津波に耐えた家の真実!!

なぜ? この2つの家は鬼怒川の決壊、東日本大震災の津波に耐えられたのでしょうか? 結論は簡単です。実は住宅そのものの耐震性や耐久性、強度はあまり関係がなかったのです。鍵は「杭」にありました。杭が近隣の住宅よりも長かったのです。しかも本数も標準仕様よりも多めに打っていたのです。言い換えれば過剰な杭工事だったのです。2つの家ともに周りの住宅よりも杭を多く打ち込んでいたのです。結論を言えば、住宅単体の耐震性や強度は周りの住宅とさほど変わりはなかったのですが、家を支える杭や基礎が強かっただけなのです。この住宅を建てたハウスメーカーの性能は、周りの住宅とさほど変わりがなかったのです。住宅自体を支える基礎、杭が他よりも強かっただけなのです。言い換えれば、最低限の耐震性や強度の住宅でも同じような基礎・杭であれば、災害に耐えることができたかもしれないのです。

※鉄骨住宅のハウスメーカーを紹介!

※各社の鉄骨住宅【外観比較】

※鉄骨住宅のZEH補助金はいくら?

※鉄骨住宅のメリットを紹介!!

 

 

基礎強度が強い・杭の長さが長い ハウスメーカーはどこなのか?

地震に強い基礎

住宅の単体の耐震性・耐久性もさる事ながら、基礎の構造や強度、杭の長さや本数も考慮して考えないと、真に地震に強い住宅やハウスメーカーが見えてきません。では? どのような住宅が、ハウスメーカーが、基礎や杭が優れているのでしょうか?

 

デフォルトの状態で基礎や杭が丈夫な住宅は鉄骨住宅です。「積水ハウス」「ダイワハウス」「セキスイハイム」「パナホーム」「トヨタホーム」「ミサワホーム」などが扱っている鉄骨で躯体構造を構成する住宅です。これらの住宅は一般的な木造の住宅に比べて、明らかに基礎が大きく、しかも構造や強度的も優れています。しかも杭に関してもこの鉄骨住宅は、木造住宅より自重が重たいため、多くの杭を必要としています。実際に鬼怒川決壊で流されなかった住宅を建てたハウスメーカーはこの中のひとつです。基礎・杭に関し着目して選ぶならば、鉄骨住宅を選ぶほうが安心と言えます。特に「積水ハウス」の【イズシリーズ】や「ヘーベルハウス」の【フレックス】などは、これらのなかでも更に大きくて頑丈な基礎構造になっています。

 

【スポンサードリンク】

 

 

なぜ? 鉄骨住宅は基礎と杭が頑丈なのか?

なぜこれらの住宅の基礎や杭は頑丈なのでしょうか?その理由は簡単です。住宅が重たいからなのです。重たい鉄骨の住宅を支えるためには、このような頑丈な杭と基礎が必要なのです。住宅自体が重たいということは、地震の際には大きく揺れると言えます。ですから軽い木造住宅よりもより頑丈な作りが必要になります。しかしながら、それはそのままコストに跳ね返ってきます。すなわち価格・費用・坪単価に反映されてくるのです。基礎が大きく、杭が長いということも同じです。すべては住宅の価格に載ってしまうのです。シンプルに言えば、鉄骨住宅は高い・高価だということです。

 

鉄骨住宅を扱うハウスメーカーは皆、大手企業!!

★鉄骨住宅のハウスメーカーの資料請求はこちらから!!

 

 

 

結局どこのハウスメーカーが安心なのか?【大規模地震】

住宅単体で考えれば、鉄骨住宅やツーバイフォー、パネル工法の住宅が耐震性が高いのは事実です。一般的な木造軸組住宅よりも明らかに地震や災害に強いのは事実です。住宅単体で見ればローコスト系のハウスメーカーの住宅よりも、大手ハウスメーカーの鉄骨住宅のほうが耐震性が高いのは間違いのない事実です。しかし、上記したように住宅単体ではなく、基礎や杭、地盤や近隣状況なども考慮して考える必要があります。せっかくの鉄骨住宅でも、杭や基礎が十分ではなければ倒壊する可能性もあります。逆にローコスト住宅であってもしっかりとした基礎構造、長くて多めの杭があれば、洪水等で流されない可能性もあるのです。

 

熊本地震に耐えたツーバイフォー住宅!!

 

 

結局のところ、住宅本体は鉄骨住宅やツーバイフォー、パネル工法、あるいは大手ハウスメーカーが採用する特殊木造工法が最善でしょう。いわゆる高価な住宅がベストでしょう。基礎を大きく構造強度を上げて、十分な杭打ち工事、そして地盤改良を行う必要があるでしょう。更にはその土地の性質や形状、成り立ちなども考慮するべきでしょう。これら全てを満たそうとするとかなり高額な住宅になってしまいます。全てを追求してベストな状態にするには多額の費用が必要です。予算が青天井をいう方はほんのひとにぎりでしょう。多くの方が限られた資金の中での家づくりです。どこかで線を引いて妥協することも必要です。

 

 

※ツーバイフォー住宅を扱うハウスメーカーはここだ!!

※ツーバイフォーの見積もり請求はこちらから!!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る