注文住宅は担当営業マンが左右する

デキル住宅営業マンとの出会い方!!

 

注文住宅の出来は、

 

担当営業マンによって大きく左右されるのです。

 

ダメな営業の家

なぜならば、注文住宅は、形のないものです。建売住宅のように、すでに形があるもではありません。契約後に作り上げていくものです。お客様の要望や希望をしっかりと把握して、予算との兼ね合いを取りながら、理想の住宅を造り上げていくのが注文住宅というものなのです。もちろん、間取りを考えたり、図面を引いたり、施工をするのは担当営業マンではありませんが、それらの大本の窓口となるのが営業マンです。

 

ですからできる限り、ダメな!使えない!営業マンは避けたいのです。そんな営業マンでは、理想の注文住宅の実現は難しいでしょう。大切なマイホームの建築です。大金がかかっています。人生をも左右しかねない買い物です。ですから、ダメな!使えない!営業マンに任せるわけにはいかないのです。

 

※「へーベルハウス」の値引き交渉

※「大和ハウス」の値引き交渉

 

 

ダメな!使えない!営業マンを避ける! 具体的な方法とは?

 

それでは、どうしたら、ダメな!使えない!営業マンを避けることが出来るのでしょうか?

 

営業電話

それは実は簡単なことです。ネットで資料請求をすればいいのです。PCやスインターネットの資料請求サイトから、資料や見積もり、間取りなどの請求をすればよいのです。スマホやPCから注文住宅の会社に、資料請求をするだけです。

 

しかし、普通に資料請求をしても意味がありません。ダメな!使えない!営業マンを避けるためには、要望欄に「前向きに検討しています。評判の良い営業マンさんを担当でお願いします!!」と入力してください!!これでいいのです。評判が良いでも、人気のでも、信頼できるでも、敏腕でも、お勧めのでも、一番良いでも、頼りになるでも・・・・何でもいいのです。とにかく、営業マンのハードルを上げてください。高いレベルの営業マンを要望すればいいのです。

※資料請求はこちらから!!


 

デキル営業マンとの出会いは難しい【運任せ】

 

家の出会い

一般的な営業マンとの出会いは、展示場やモデルハウスです。

 

ここで最初に出てきた営業マンがあなたの担当営業マンになるのです。これがこの業界の常識です。一般のほぼすべての方が、こうやって営業マンと出会います。この出会いが、その後全てを左右するのです。あなたの家づくりに大きな影響を与えるのです。もちろん、その場で選ぶことも、出てきた営業マンをチェンジすることもできないのです。ですから、営業マンとの出会いは全くの「運」なのです。人生をも左右しかねない、マイホームの建築を、ダメな!使えない!営業マンに担当させることは、何としてでも避けたいのです。ですから、事前に資料請求をして担当営業マンの内容を希望するのです。

※見積もり請求はこちらから!!


 

資料請求をして、良い営業マンを引き寄せろ!!

資料請求や見積もり請求をして、パンフレットやカタログ、見積もりなどが送られてくると、そこにはすでに担当営業マンの名前が書いてあります。即ち、その時点であなたの担当営業マンは、すでに決まっているのです。もちろん何も営業マンに対する要望を記入せず、資料請求を行えば、それはそれで順番、運任せとなるのです。しかし、そこで、強く営業マンに対する要望を書くことで、住宅会社は何らかの対応をしてくれるはずです。トップ営業マンが担当に、とは言いませんが、ダメな!使えない!営業マンを避けることは十分に可能なのです。さらには「前向きに検討しています。」と付け加えることで、その効果は倍増するのです。

 

 

※営業電話がかかってこない方法!!

※フローリングセレクトガイド

※「大和ハウス」の値引き相場

 

 

営業マンもあなたの事を値踏みしている!!

住宅を購入する際のポイントとして「営業マンを選ぶこと」は重要です。モデルハウスなどへ行ったとき、あなたは営業マンの身なりや言葉遣いなど、こと細かに観察しようとすることでしょう。しかし、それと同様に営業マンもまた、お客を品定めしているのです。営業マンはこれまでに、数多くの客を見てきています。そして、モデルハウスは営業マンのホームグラウンドですから、彼らのほうが冷静でシビアにお客を見ることができます。

 

モデルハウスやオープンハウスなどには、まったく購入する意思のない冷やかし客も来場します。営業マンが暇なときには、ガヤガヤと団体で入ってきた近所のおばさまたちを相手に、世間話をすることもありますが、忙しいときにはそんなことをしていられません。効率よく営業をするために、目の前の客がどの程度の購入意欲を持っているのか、あるいは本当に買える顧客なのかを見極めなくてはなりません。

 

お客を観察して戦略を練る

では、営業マンはお客のどこを見ているのか。見栄っ張りな性格を象徴するような派手な服装の人の場合には、予算ぎりぎりの高額な物件を強引に勧める可能性もあります。かかとの高いハイヒールなどできたお客の場合、周辺環境を歩き回って調べることは考えていない可能性が高いでしょうから、問題点があっても、その説明を省くかもしれません。

 

営業マンはお客の言葉遣いや予備知識のレベルなど、アンケート用紙に記入してもらった内容だけでは判断できない、顧客情報を得るために、さまざまな部分へ目を走らせているものだと考えておきましょう。家族で来たお客であれば、誰が主導権を握っているのかも注意深く見ています。それらの観察で得たさまざまな情報を加味しながら、どうやって「売りつけようか」と戦略を練るわけです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る