ZEH住宅のネット見積もり

注文住宅の見積もりなら「ネット見積もり」!!【ZEH】

 

知らなきゃ損する!!

 

ZEH住宅の 「見積もり」 がネットで簡単に請求できます!!

 

 

ZEH住宅の検討者に朗報です。
インターネットか簡単にZEH住宅「見積もり」が請求できるのです。
ご存知でしたか?

 

通常は住宅展示場やモデルハウスに行かなければ手に入らない「見積もり」が
なんと自宅のパソコンや、通勤電車のスマホからも簡単に請求出来るのです。

 

それが、【タウンライフ ZEH住宅特集】 なのです。

 

 

 

【タウンライフ ZEH住宅特集】の5つの特徴

 

 ネットから「見積もり」が請求できる!!

 

「間取りプラン」も送ってくれる!!

 

複数のハウスメーカーから一括請求も可能!!

 

シリーズ累計利用者126万人の信頼のサイト!!

 

大手ハウスメーカーの多くが参加!!

 

 

実は【ZEH住宅】以外にも、ネット見積もりは可能です。大手ハウスメーカーからも、工務店からもネット見積もりを取ることができます。↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

ネット見積もりの一番のメリットは、なんといってもウザイ営業をされないということでしょう。インターネット経由の見積もりなので、絶対に営業マンと顔を合わせることがありません。すなわち、営業トークやプレゼンテーション、クロージングをされることがないのです。「見積もりは欲しいけど・・・営業されるのはイヤ!!」 という方が多いのではないでしょうか?

 

しかしご安心ください。このネット見積もりなら、ウザイ営業をされることはないのです。

 

 

一般的な見積もりのムダ

見積もりのムダ

ネット見積もりではなく、普通にハウスメーカーに見積もり依頼することには大きなムダがあると言えるでしょう。そのムダを詳しく解説しています。

 

 

一般的な見積もりは、営業・設計の段階では、見積もりという作業も実は、大きなムダを生んでいます。何しろ、建築主の要望を聞いてプランを練り上げないと、見積もり作業に掛かれません。通常は、縮尺50分の1の詳細な図面をもとに工事に必要な金額を見積もっていきます。図面が出来上がるまでにはおよそひと月は掛かりますから、その間、工事費用がいくらになりそうかを知りたい建築主は、待っていなければなりません。

 

見積もりを作成する段階では、ハウスメーカーの担当者は調べものに時間を費やします。建築主の要望する設備・仕上げにふさわしい製品が、どこでどの程度の価格で手に入るのか、一つひとつに関して調べる必要に追われるのです。担当者のだれかが一度調べた情報が組織内で共有されて、のちのちまで活用されるような仕組みになっていればいいのですが、工務店では必ずしもそうではありません。その場限りの情報で終わらせてしまうのです。その結果、同じ情報を2度3度重複して調べることになります。この時間も、大きなムダといえます。

 

施工の段階では、重層構造ゆえのリスクの発生を指摘できます。この重層構造とは、下請けや孫請けというように、実際に工事を担当する職人、それらを取りまとめる職人と、工事会社の役割が複数の職人集団に重層的に分かれている構図を指します。ハウスメーカーにとってそこで生じるリスクとは、現場に出入りするそれら複数の職人全員をきちんと管理しなかった結果、例えば、打ち合わせ内容が正確に伝わらず、工事にやり直しが発生したり、悪意のある職人が現場内で何らかのトラブルを引き起こすのを阻止できなかったりする、という危険性です。

 

 

ハウスメーカーもムダな作業はしたくない!!

下請けなら工務店としても直接やり取りがあるのでまだいいのでしょうが、孫請けより先になると、直接の接点はそうありません。どのような職人が在籍しているのかまでは、つかみ切れないこともあるでしょう。ここに問題があります。この問題を放置しておけば、いざトラブルが起きたとき、工務店は事態の収拾に向けて何らかの費用負担を強いられることがあります。ここでもまた、予期しないコストの発生が見込まれるのです。建築主に対して、孫請けだから見過ごしたという理屈は通用しません。出入りする職人が現場で問題を起こせば、管理責任を問われるのはあくまで、工務店のはずです。現場に出入りするすべての職人をしっかり管理しようとする姿勢が欠かせません。

 

ムダもリスクもすべて、コストに置き換わります。これをゼロにするのは無理までも、できる限り少なく済むように努力する、それこそ、組織マネジメントにほかなりません。製造業の世界では当たり前のことです。ムダやリスクを放置しておくような会社の提示する価格には、だれもが不信感を抱くに違いありません。組織マネジメントを徹底していれば、もっと納得感のある価格になるのではないか。消費者はそう訴えたいはずです。ハウスメーカーの工事価格は、その代表例ではないでしょうか。工事価格に対する不信感の一端には、工務店経営に対する不信感も織り込まれているのです。経営努力が目に見えるようになれば、価格に対する受け止め方も改まるのではないかと思います。

 

一般的な見積もりには、チェックの必要性が説かれています。その一番の意味合いは、納得のいかない費目が含まれていないかどうか、確かめることにある、といわれます。例えば、必要のないオプションエ事の費用が計上されていれば、それをとがめられます。しかしそれは、あくまで費目の問題です。その金額が妥当かどうかまでは、建築主には判断できないでしょう。どのような工事が施されるのかを確かめておく必要性はあります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る