鉄骨住宅値引きの秘策

【浴室・洗面所・トイレの基礎講座】おしゃれなサニタリースペースに!!

サニタリースペースの考え方

 

キッチンに次いで気になるところがお風呂や洗面所、トイレなどのサニタリーです。しかし、家族みんなが毎日使うところだけに、使いがってのほか、手入れのしやすさや安全性も考えて快適な空間しましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

 

浴室のプランの基礎講座

浴室の最もベーシックな広さは大まかに分けて3タイプです。同じ広さでも、窓のスタイルや高さ、浴槽やタイルの色、洗面脱衣室との間仕切りの仕方などによって、仕上がりの雰囲気が大きく違います。

 

中でも窓のとり方は、隣家や前庭とも密接な関係があるので、採光や通風、プライバシーの確保などトータルに検討することが重要です。タイルのサイズは、コンパクトな浴室では15cm角以下、ある程度広さがあるなら20皿cm以上が目安ですが、最近ではお手入れの関係からタイルではない壁が主流になりつつあります。。棚は、手入れのしやすさも考えて選んでください。

 

※300万円も値引きさせて裏ワザとは?

※注文住宅の資料請求はこちら

※地震に強いハウスメーカーとは?

 

 

浴室のタイプ別特徴

0.75坪タイプ

間口1m20mまでの浴槽が入りますが、その場合はバス水栓は壁づけにしましょう。洗い場を広くとるには、エプロンはリムから垂直に立ち上げたり、エプロンつきの浴槽にするのがおすすめ。出窓にすれば、グンと広がりが演出できます。

 

1坪タイプ

今や浴室の主流になっている広さが1坪のプランです。浴槽は間口1m60mまで入りますが、その場合はバス水栓は壁づけにしたほうが良いでしょう。浴室の奥行きが0.75坪タイプと同じなので、浴槽の奥行きを80m以下のものにするなど洗い場を広くとる工夫もよいでしょう。

 

1.25坪タイプ

間口は1坪タイプと同じでも、奥行きがあるので、洗い場もゆったり。個性的なタイルを使ったり、浴槽回りにデッキを設けるなどインテリアも楽しめます。デッキタイプのバス水栓なら浴槽は間口1m40mサイズを選びましょう。

 

 

洗面所・洗面台のプランの基礎講座

洗顔・歯磨きから、洗髪、洗濯、脱衣などなど、洗面脱衣室には、いろいろな用途があります。プランづくりにあたって、家族の人数や使用目的、収納したいものをはっきりさせておくことがとても重要です。たとえば、家族が多いなら洗面化粧台は2人並んで使えるツインボウルタイプにるなどが良いでしょう。使われ方によって、必要な広さも違ってくので慎重に検討しましょう。コンパクトな空間では、収納も空間を立体的に生かすように工夫しましょう。洗濯機は折り戸かロールスクリーンで目隠しすれば、インテリア的にもすっきりします。しかし、湿気がたまりやすくカビなどの発生の心配もあるので、換気は十分に行いましょう。

 

※電話がかかってこない! 資料請求とは!

 

 

洗面所のタイプ別特徴

1坪タイプ

洗面化粧台に並べて洗濯機を設置し、入り口のドアのサイドに奥行きの浅い収納スペースをビルトインされています。コンパクトでも洗面脱衣室に必要な機能を盛り込んだ安価なプランです。設置する洗濯機のサイズをチェックしておきましょう。

 

1.25坪タイプ

タオルや着がえ、洗剤のストックなどをたくさん収納したいなら、このくらいのスペースが必要でしょう4人家族以上におすすめです。洗面ボウルの両サイドにたつぷりの収納をつくることができます。この場合も、壁面を立体的に活用することがポイントです。

 

1.5坪タイプ

洗面脱衣室とトイレをワンルームにしたプランです。別々につくるよりずっと広がりが生まれます。海外などでよくみられるタイプです。日本ではこれまであまり人気がなかったのですが、最近では徐々に増えつつあります。洗面化粧台の横に洗濯機が設置でき、収納スペースもたっぷりとることができます。便器と洗面ボウルのカラーを統一することをお勧めします。

 

 

トイレ・便器のプランの基礎講座

今や一家に2ヵ所のトイレが一般的です。最近では、マンションでもそのような物件が出てきました。トイレのプランニングの際は、どんな使われ方をするのかを考えて、設置場所や広さを決めましょう。たとえば、お客さまも使うなら、リビングや玄関から行きやすい場所にして、ちょっと広めにしたほうが良いでしょう。手洗いカウンターや鏡を設置すれば、化粧直しや身づくろいにとても使い勝手が良いでしょう。トイレは、清潔で気持ちよく使えることがいちばんです。内装や設備機器は、手入れのしやすいタイプを選び、風通しのよい窓や換気扇を設置するなど、湿気やにおいのカットに気を使ってください。

 

 

トイレのタイプ別特徴

80×150〜170 cm

幅が半間のベーシックなトイレです。限られた間口でも快適に使うには便器を手洗いつきにするか省スペース設計の手洗い器を選ぶことが必要でしょう。壁に埋め込めるタイプのほか、奥行きの浅いカウンタータイプもあるのでよく検討しましょう。

 

165〜170×125 cm

便器と小便器の間に小壁をつくり、ワンルームの広がりと各ゾーンの独立性を高めたプランです。男性の家族やお客さまが多いなら、小便器を設置したプランにすれば床の汚れも軽減でき、毎日の掃除も簡単にできます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る