鉄骨住宅の将来的な資産価値とは?

鉄骨住宅の将来的な資産価値

鉄骨資産

鉄骨住宅なら将来的な資産価値が見込める!!

鉄骨住宅は時間の経過に応じて物理的劣化を伴う資産です。そのため「鉄骨住宅の価格は古くなると極端に安くなる」「建物の価値は中古物件ではほとんどゼロ」だからという主張を聞くことがあります。これは一部は正しいのですが、一部では間違いです。すべての物件がすべて、経年によって減価していくわけではないところが鉄骨住宅のおもしろいところです。下の表は当社が調査したマンションの定点観測の調査です。都内優良立地にある、中古鉄骨住宅の取引坪単価と新築時の坪単価の比較を行っています。バブルの影響をもろに受けている価格のものもありますが、調査によって、新築当時と比べても坪単価が維持、または上昇している鉄骨住宅が確実に存在することが、明らかにされています。築30年でも、新築時よりも高額で取引されている物件はめずらしくありません。最寄り駅はいずれも、一等地ばかりですが、物件はランダムに抽出しており、ヴィンテージマンションなどの特別なものではありません。これは良い立地の良い物件であれば、経年劣化による減価の影響がほとんどないという証拠といえます。

 

 

※「へーベルハウス」の値引き交渉

※「大和ハウス」の値引き交渉

 

 

こうした逆転現象は、時期的な後押しも確かにありますが、基本はあくまでも居住の二−ズが厳然と存在しているからに他なりません。「これからの人口減少社会では住宅が余っていくので、これまでとは違うはすだ。居住ニーズがなくなる可能性のほうが高いはすだ」という指摘もあります。確かに日本の人口は50年後には1億人を割り込むと予想されています。そうした状況では、当然、鉄骨住宅の選別は厳しくなるでしょう。ただし、このサイトでお勧めしているのは都心の交通至便な優良立地の中古物件です。少子化の流れの中でも一流大学の定員割れが起こらないように、人口が減りつづけたところで、経済生活に至便な都心部には人口は集中しつづけます。こうした指摘はおうおうにして、大前提となるいくつかの条件を無視しているか、否定したいがために極端な経済状況を引き合いにだしているにすぎません。人気のない地域の地価が下がることは簡単に予想できますが、優良立地の物件は引き続き、需要が期待できるといえるでしょう。需要のパイが小さくなったとしても、人気物件は人気が維持され、不人気物件はますます選ばれなくなるという二極化か進むといったところが現実味のある予測でしょう。

 

※「パナソニック ホームズ」の値引き交渉

※熊本地震に耐えた「ツーバイフォー工法」

※営業電話がかかってこない方法!!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る