窓の選び方 注文住宅のプランニング

窓のプランニングと選び方が重要【注文住宅の基礎知識】

窓の選び方

 

快適で健康的な住まいをつくるには、開口部・窓のプランニングがとても重要です。ここでは、機能的な窓の配置法や断熱窓や、防犯対策などを解説しています。新居の間取りづくり・プランニングの参考にしてください。

 

 

風の入り口と出口を考えて、最適なレイアウトを!!

窓 風通し

最近ではシステム換気や全館空調システムなどの、強制的に建物全体の換気が行える装置が普及してきました。しかし、明るく、風通しのよいことは、住む人にとっても建物にとっても健康的なことです。風通しをよくするには、風の入り囗と出口になる位置に窓を設け、家の中に空気の流れができるようにすることがとても重要です。大きな窓があっても袋小路では風が抜けないため、向かい合った壁に窓を設けるのが理想的です。風の入り口と出口を考えて配置することが大切です。風上と風下に窓があれば、小さなサイズでも風が気持ちよく抜けていきます。

 

さわやかな気持ちの良い風を家じゅうにとり込むには、東西南北全方位にバランスよく窓を配置し、室内ドアも風通しを考えてプランニングしたいものです。ただし、西側に大きな窓があると、夏の夕方は強烈な西日が部屋にさし込み、部屋の温度が上昇するので注意が必要です。西側の窓はあまり大きくとらず、ひさしやブラインドなどで直射日光を遮りながら通風できるように設計しましょう。一方の壁が廊下や吹き抜けに面した部屋は、室内窓を設けると風通しがよくなります。

 

湿気を含んだ空気がよどみがちなのが、水回りのコーナー部分です。吹き抜けの上部も熱せられた空気がたまりやすい場所です。洗面室などのコーナーには細長いルーバー窓などをつければ、風通しがグンとアップします。吹き抜けには、FIX窓だけでなく、下から開閉操作ができるルーバー窓やオーニング窓を設置するといいでしょう。大きなFIX窓やFIXのコーナー窓は、両側に開閉式の窓をつけると風通しがよくなり、外側のガラスふきがしやすくなります。

 

※300万円も値引きさせて裏ワザとは?

※注文住宅の資料請求はこちら

 

 

光をうまく取り入れるには窓の高さがポイント!!

窓の位置当然ですが、窓が大きいほど採光量はふえますが、それだけ壁量が少なくなり、建物の強度が低下したり、プライバシーの問題なども出てきます。窓は、建物の強度や立地条件を考慮してバランスよく配置することがとても大切です。敷地にゆとりのない場合は、隣家の窓と位置をずらしたり、ハイサイドライト、天窓などを設けるなどの工夫により、お互いの視線が家の中まで届かず、プライバシーが保てます。住宅密集地で横からの採光が十分望めない場合は、家の中心にトップライトを設けた吹き抜けをつくったり、中庭を設けて家のすみずみにまで光と風をとり込む方法もあるので、プランニングの際には検討してみましょう。

 

窓は、壁の上部にあるほど採光量が多くなります。また、同じ面積の窓なら、縦長のはうが横長より部屋の奥まで光がさし込みます。トップライトは、一般的な窓ハサイドライトの約3倍の明るさがあると言われています。窓の形やとりつける位置による採光の違いをよく理解して窓をプランニングしましょう。

 

 

窓は配置位置が非常に重要!!

●ハイサイドライト

天井近くの高い位置につける窓、高い位置に配する窓です。通常の窓(サイドライト)ではプライバシーが保つことが難しい密集地などの採光や通風に適しています。壁や天井に反射させて光をとり入れるため、やわらかく、安定した光が得られます。

 

●ローサイドライト

床面近くにつける窓です。直射日光が入らないので、熱を遮りながら、ソフトな光と風がとり込めます。道路沿いの玄関などに設置すれば、外からの視線を遮りながら。光と風が確保できます。目線の低い和室や坪庭の横にも最適です。

 

●トップライト

天井につける窓です。同じ面積ではサイドライトの約3倍の照度が得ることが可能です。北側の階段や玄関など暗くなりがちな場所に最適です。設置場所により、開閉できるタイプを選んだり、日ざしを遮るブラインドなどをつけるとよいでしょう。

 

※地震に強いハウスメーカーとは?

※電話がかかってこない! 資料請求とは!

 

 

窓こそ断熱が重要

室内の熱が、屋外に逃げてしまうことを「熱損失」といいます。断熱材を良くしたからといって、家全体の断熱性能が良くなっていると思ってはいけません。それはただの勘違いです。熱は、断熱材が施工されている部分(壁)だけでなく、他のところからも逃げているからです。

 

熱損失が起こっている部位は、

@窓・ドア/30〜50%

 

A外壁/20〜25%

 

B換気によるもの/15〜30%

 

C床/5〜15%

 

D天井/4〜6%

 

です。断熱材をいくら良いものにしても、それは外壁の断熱を高めているにしかすぎません。本当は、窓にこそ、断熱をしなければならないのです。窓の断熱性能を高めるためには、いくつかの方法があります。@から順に性能が上がるとともに、コストもかかります。

@窓を2重にする。(インナーサッシのこと)

 

Aペアガラスを止め、トリプルガラスにする。

 

Bアルミサッシをやめ、樹脂サッシにする。

 

C樹脂サッシを止め、アルミクラッド(木質枠とアルミの組み合わせ)にする。

 

ガラスを交換するより、窓を2重にする

寒冷地では昔は、窓を2重にしたものです。また、騒音地などのマンションなどでも窓を2重にしています。この手法は、断熱・防音ともに良く、とても効果的です。建売戸建て住宅では、シングルガラスのアルミサッシがよく使われています。しかし、アルミの肉厚が薄いため、ガタつき、隙間だらけです。そういうところにも2重窓はうってつけです。

 

上記したようにシングルガラスをペアガラスに取り替えるとか、ペアガラスをトリプルガラスに取り替えるのは、かなり高くつきます。また窓自体を、アルミサッシから樹脂サッシや、アルミクラッドに交換することも同様です。窓は、新築時にお金をかけておくほうが無難でしょう。

 

断熱サッシで冷暖房の効率をアップ!!

従来の窓は、アルミサッシと単板ガラスの組み合わせが一般的でした。しかし、ここ数年寒冷地以外でも急速に普及してきているのが「断熱窓」です。アルミサッシや単板ガラスは熱伝導率が高いため、外気温を伝えやすく、冷暖房の効率が低下します。また、冬は室内のあたたかい空気が、冷たい窓ガラスやサッシの表面で冷やされて、窓に結露が発生しやすくなります。

 

「断熱窓」とは、熱伝導率の低いサッシに複層ガラスを組み合わせたものです。断熱性能のほか、気密性や遮音性などさまざまな特長を備えています。「断熱窓」は、サッシの素材や構造、組み合わせるガラスにより、いろいろな種類があるので、家を建てる地域に適したタイプを選んでください。それぞれで細かく機能が異なります。高断熱複層ガラスとは、「太陽熱をとり入れながら暖房子不ルギーを外に逃がさない」という目的に適したガラスです。2枚のガラスの間にし、室内側に高断熱タイプのLOW‐Eガラス(特殊な金属膜をコーティングしたガラス)を使用しています。室外からの日射熱をとり入れつつ、室内からの暖房熱を反射するため、特に保温性にすぐれ、寒冷地の窓に最適です。このLOW‐Eガラスを採用するハウスメーカーが非常に多くなっています。

 

また、住宅金融公庫では、窓や玄関ドアなどの開口部を省エネルギー住宅仕様にすると割増融資が受けられる制度が設けられているので、検討してみましょう。

 

 

防犯合わせガラスと窓回りアイテム!!

窓の防犯性

近年、あき巣ねらいによる被害がふえています。二戸建て住宅では、1、2階とも窓からの侵入が多いようです。窓からの侵入手口のトップはガラス破りで、窓は施錠さえしておけば安心とはいえません。ガラス破りによる侵入方法は。ハンマーやドライバーの先端などで窓ガラスを部分的に突き破り、そこから手を差し込んで主錠のクレセントをはずすというものです。しかし、5分間でガラスが破れなければ、大半の泥棒は侵入をあきらめるといわれています。

 

そこで、クローズアップされているのが、「防犯合わせガラス」と呼ばれるものです。これは、2枚の板ガラスの間に特殊な中間膜をはさみ込んだ構造で、ガラスを割ることはできても、中間膜が貫通を防ぎます。侵入までの時間を稼いでくれるのです。中間膜の厚さは、通常の合わせガラスの約2倍の0.8m以上あるため、突き破りに強さを発揮します。さらには「防犯合わせガラス」を使用した複層ガラスもあります。ちなみに、網入りガラスは火災時の延焼や類焼を防ぐ機能はありますが、防犯面の効果は期待できません。この点を勘違いされている方が多いのが実情です。

 

また、シヤッターや面格子も防犯に役立つ優れたアイテムです。掃き出し窓や腰窓用だけでなく、最近では出窓にもシヤッターつきのものが発売されています。人目につきにくい場所の窓は、特にねらわれやすいものです。人が侵入可能な大きさの窓には、面格子をとりっけるといいでしょう。こうした対策を施しても、もちろん100%安心というわけではなく、面格子がとりつけてあっても、人目につかない場所や窓が施錠されていない場合では侵入を試みるというケースもあるので注意が必要です。開口部の防犯は、ガラスやサッシ、錠などの窓回りの対策だけでなく、照明や閉鎖的でない外構設計などトータルに考えることが必要です。

 

 

玄関ドアは、防犯性や安全性も考慮して

安心して暮らすためには、防犯性ト安全性の両面から考えて玄関ドアを選びたいものです。防犯といえば、錠がポイントとなります。一般的な玄関ドアは、1回のキー操作で2つの錠が施・解錠できるワンキー・ツーロック方式が採用されています。3ヵ所ロックできる錠を採用しているハウスメーカーもあり、室内側の錠のつまみ部分(サムターン)がとりはずせるユニークなタイプも登場しています。これは、仮にガラスを破られて手を入れられても、つまみがないため解錠できない仕組みになっているのです。このほか、ピッキングに強いシリンダーや、ボタンひとつで施・解錠できるリモコンキー、電気錠なども開発されています。ほとんどのメーカーでは、工事期間中に工事関係者が使用するキーと、受け渡し後に建主が使用するキーを別にする、コントラクションキーを標準で装備されています。住まい手が一度専用キーで施錠すると、工事関係者用のキーは使えなくなる賢いシステムです。

 

室内ドアの出入り囗の段差を解消したバリアフリー設計の家が多くなっています。高齢の家族がいるお宅や将来に備えたい場合は、玄関ドアもバリアフリー仕様を選ぶのが当たり前になりつつあります。車椅子がスムーズに出入りできる開口幅があるか、錠はキーが差し込みやすい形状かもチェックポイントです。ポーチやたたきのタイルは滑りにくいものを選び、必要に応じて手すりを設置するといいでしょう

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る