屋根材のセレクトガイド

重たい屋根は地震に弱い!!軽量安価なスレート系・金属系が主流

屋根材のセレクト

【スポンサードリンク】

 

外装の仕上げ材は、デザイン性や価格を優先して選びがちです。しかし、長くつきあつていくものだけに、安全性や耐久性、維持管理メンテナンスにかかる費用など、トータル的に検討することが大切です。

 

 

重量やメンテナンスにかかる費用も考慮!!

屋根に求められる第一条件は、雨露をしのぐことです。雨漏りを防ぐには、谷が少ない単純な屋根にして、気候風土や屋根材に合った勾配をとることが非常に重要です。複雑な屋根ほど小屋組みも複雑になり、コストが大きくなります。

 

住宅に加わる地震の横揺れの力は、建物の重さと比例します。住宅自体が重ければ、揺れやすいのです。さらに言えば、屋根が重たければ、重心が高くなるので、さらに揺れやすくなります。そのため、屋根や外壁を軽い材料にすれば、建物の荷重負担が少なくなり、耐震性が向上します。また、屋根材の重さによって、必要な耐力壁の量が違って来るのです。重量のある屋根材を使った木造住宅では、耐力壁の量を多くするだけでなく、屋根を支える柱や梁、土台、基礎なども十分な強度が必要です。つまり、コストを抑えて、窓の大きな家をつくるには、屋根材は軽量のほうがよいのです。実際に神社仏閣の屋根は瓦がたくさん載っているので重たいのですが、その分梁や柱も太く頑丈になっています。

 

スレート瓦のセレクト最近の戸建てで多く用いられる軽量の屋根材には、スレート系金属系があります。スレートはもともと、玄昌石をスライスした天然スレートのことですが、価格がかなり高く、一般的ではありません。現在のスレート系屋根材の主流は、セメントが主材料の人造スレートとなっています。以前は石綿が含まれていましたが、健康への害が問題になってから、石綿を含まないものへと移行してきています。現在では石綿を含むものの販売はされていません。人造スレートの屋根材は、粘上がわらの2分の1から3分の1程度の重さで、洋風の外観とマッチし、価格も手ごろなのが特徴です。耐候性のある塗装が施されていますが、定期的に塗りかえが必要なので、メンテナンスの費用を考慮しないといけません。一方粘土瓦は、重量があり、価格が高いのですが、耐候性や耐久性にすぐれ、塗りかえの必要がなく、高級感があるなどのメリットがあります。

 

金属系の屋根材には、鋼板やアルミニウム、ステンレスなど多くの種類があり、ふき方もさまざまです。技術の発展により、今後も多種多様な金属系屋根材が出てくるでしょう。金属系の屋根材は、軽量なうえ、いろいろな形に成形しやすいのが特徴ですが、雨音が伝わりやすいため、下地に遮音性をもたせることが必要です。最近では、断熱性がよく、耐候性にすぐれた仕上げにより再塗装がほとんど不要なアルミ合金の成形屋根材も人気となっています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る