内装壁材のセレクトガイド

万能壁材「ビニールクロス」 健康志向に人気の「珪藻土」「漆喰」

 

健康素材や環境素材の壁紙が豊富に登場!! 【シックハウス対策】

色や柄が豊富、手ごろな価格、汚れ落としが簡単、などの理由から、壁や天井にビニール壁紙を使うことが多いのが現状です。多くにハウスメーカー、工務店の住宅ではこのビニールクロスが主流になっています。安全性については、官民合同で発足した健康住宅研究会という機関の調査では、「ビニール壁紙から放出されるホルムアルデヒドの濃度は、通常の大気に存在する濃度とほぼ同じである」と報告されています。しかし、壁紙は、室内の表面積を占める割合が大きいだけに、できるだけ安全な製品を選ぶほうが良いでしょう。その目安となるのが、さまざまな安全基準です。壁紙を選ぶ際には、「壁紙製品規格協議会」のSV規格や「壁装材料協会」のISM規格、ドイツのRAL規格などに適合しているかどうかを調べ、接着剤の安全性についても確認しておきましましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

ホルムで悩む

上記のように、壁紙は有害とされる物質の含有量が規制されるなど、安全性が大幅に向上していますが、各製造メーカーではより安全性が高く、環境にもやさしい製品を急速に開発しています。有機溶剤による油性インキは人体に有害なだけでなく、大気汚染の原因になり、河川にも悪影響があります。そのため、最近では水性のインキを使用した製品や、焼却処理の際に有毒ガスが発生しにくい製品が急激にふえてきました。ほかには、森林資源の保護につながる、月桃やケナフなどの植物を主原料にした非木材系の壁紙も中もを集めています。

 

一般的なビニール壁紙は、通気性がないため、場所によっては結露が発生することもあります。そこで、登場したのが、通気性や吸放湿性を備えた壁紙です。 壁や天井を塗装仕上げにする場合は、塗料の安全性を確認することが大切です。溶液系のアクリル樹脂系塗料よりも水性エマルジョン系塗料のほうが、トルエン、キシレンなどの有機溶剤の含有量が少ないとされています。

 

 

 

人気急上昇の自然素材「珪藻土」「漆喰」 【シックハウス対策】

珪藻土壁塗り

住宅の高気密化や健康志向で、かつて日本家屋の壁に多く使われてきた漆喰が、ここにきて見直されています。漆喰は、消石灰に糊、ワラすさなどをねり合わせたもので、耐火性、保温性、耐久性に優れているという特徴があります。自然の調湿作用があるため、結露の発生が抑えられ、カビも出にくくなります。

 

自然派 珪藻土また、ナチュラルなインテリアにマッチするラフな質感で人気を集めているのが、珪藻土です。これは、植物性のプランクトンの堆積土が主原料トなっています。粒子に無数の細孔があいているため、調湿性や遮音性、保温性を備えており、においを吸着する性質も含んでいます。そのため、合板などに含まれる有害な化学物質やタバコのにおいなどを吸着し、快適な室内環境づくりに役立ちます。多くのハウスメーカーや工務店でも、珪藻土や漆喰の壁を選択することが可能になってきています。

 

 

壁紙選択時の目安になる主な安全規格

SV規格(壁紙安全規格)

国内の壁紙メーカーを主とした団体.SV協議会が定めた自主基準。ドイツのRAL規格や日本工業規格C」【S)などの品質基準を考慮して、より安全を追求すべく独自の基準が定められており、国産壁紙の多くこの規格に適合しています。

 

ISM規格(壁装材料協会の安全規格)

1996年に壁装材料協会により制定された安全規格。廃棄後の環境負荷を抑えるために、塩ビ樹脂量などが制限されています。

 

RAL規格(ドイツの品質検査規定)

1990年に設定。1997年に改定された新基準では、新たにVOC(揮発性有機化合物)の規制項目を追加し、トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどの溶剤を規制しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る