日本の「輸入住宅」は偽物!?【2×4・2×6工法】

「輸入住宅」とは何か? 2×4工法・2×6工法

輸入住宅とは

 

ここでは、現状の日本の「輸入住宅」の情けない現状をお話しします。

 

最近、輸入住宅に暮らす、木の文化を守りながら洋風住宅に住む、などという見出しの記事や広告やチラシをよく見かけます。輸入住宅が一種のトレントになっている感がありますが、流行現象というものはたいてい時間とともに本質を離れていってしまうもので、ブームのわりには輸入住宅とは何かという、正確な定義を知る人は少ないのではないでしょうか。

 

しかし、輸入住宅に決まった定義はないのです。それぞれいくつかの解釈はあります。海外で建てられている住宅をそっくりそのまま輸入すれば輸入住宅となるが、これは現実には無理です。海外の資材を輸入して日本で建てる、欧米風の外観やデザインを持っている、2×4工法・2×6工法でつくられている……様々な解釈があり、定義はあいまいなのです。「海外の設計思想による住宅を、住宅一戸分として資材別輸入、またはパッケージ輸入し建設された住宅」と定義している企業もあれば、「海外の住まいの特徴(間取り、仕様、建て方、外観など)を取り入れ、必要な建築資材や住宅部品をできる限り輸入して建てられた住宅」としているハウスメーカーもあるのです。どれも間違いではないのですが、住宅とは生活空間そのものであり、生活の場であり器なのです。当然、その国の文化や生活様式に応じて形づくられ、人々の暮らしと緊密に結びついて発展してきたのです。ですから、住宅を輸入することは、その国の文化やライフスタイルを移転することでもあるわけです。資材や外観などハード面だけでなく、工法や技術、ときには技術者といったソフト面もそっくり海外から輸入して日本に建てた住宅、すなわち、国際化された生活様式の暮らしを、とりわけ導入して建てた住宅、それを輸入住宅と呼ぶべきではないかと私は考えます。北米住宅(2×4工法・2×6工法)にとどまらず、北米の住文化全体を導入しなくてはならないと、再三強調してきたのはそのためなのです。

 

※熊本地震に耐えた「ツーバイフォー工法」

※営業電話がかかってこない方法!!

 

 

和風にアレンジされた日本の2×4工法・2×6工法

輸入住宅の魅力

細かい輸入住宅の定義は別にして、現在、日本へ実際に輸入されている住宅の輸入先はアメリカとカナダの北米を筆頭に、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーなどの北欧、イギリスやオーストラリアなどです。圧倒的に多いのはやはりアメリカとカナダです。輸入住宅の80%以上が北米型で占められています。次に多い北欧型を足もとにも寄せつけない人気ぶりなのです。アメリカという国の日本における圧倒的な認知度や身近さもあるでしょう。また重厚なヨーロッパ建築より、シンプルで合理的な外観と性能を持った北米住宅への親近感や信頼感もあるのではないでしょうか。北米では戸建て住宅の大半がウッドフレームプラットフォーム工法で建設されています。もっとも、北米のウッドフレームプラットホームエ法による住宅と日本の大手住宅メーカーが採用しているいわゆる日本式2×4工法住宅とは同じものではないのです。本場とは工法や部材にかなりの違いが見られるのです。これは導入期の昭和40年代末から50年にかけての規制によるものです。わが国における2×4工法・2×6工法住宅は北米のそれを土台にしながら、輸入資材の規制やモジュールの違いから、「和風」にアレンジされたものなのです。ここには、日本の輸入住宅の問題点が多く含まれているのです。また、北欧型の輸入住宅には木質パネルエ法が多いのです。これは冬期に工場内で作業ができる特性があります。ほかにも輸入住宅の工法には、丸太や角材によるログエ法や、日本の在来工法と同じ軸組工法(ポストアンドビーム工法)など、いくつかの方法があります。

 

 

高断熱高気密がヒットの要因【輸入住宅】

輸入住宅の偽物

主流となっている北米にしても北欧にしても、いずれも「木」の特質を生かした住宅であり、木造住宅に慣れた日本人にうける要因ともなっています。木造は日本の専売特許と思い込んでいる人も少なくないのですが、そんなことはないのです。わが国では高温多湿の風土を避けるために窓や開口部を多くとった、開放型の木造住宅が中心です。北米や北欧型の住宅は逆に、厳しい寒さに耐えうるように気密性、断熱性を重視してつくられた木造住宅といえるのです。北米においてもオイルショック後、省エネのための高断熱・高気密の住宅が、爆発的に普及しました。昔はともかく、空調設備がポピュラーになった今では、日本でも輸入住宅が盛んになっているのは、その気密性の高さが利点として承認されつつあるからなのです。日本で最も早く北米型の輸入住宅が根づいたのが北海道であることも、そのことを裏づけていると言えるでしょう。

 

 

建材は北米産だが、偽物の輸入住宅!!

木造だからといっても、生産システムが違うのだから在来工法の理解では本当の2×4工法・2×6工法にはならないのです。北米式2×4工法では、床面に4×8フィートの合板を面材として使用し、側端から側端までの寸法とりをします。この合板で床面を張り、それをプラットフォーム(作業台)として壁面のフレーミング作り、建て起こして壁を作ります。そして二階のジョイストを架けて同じように二階床を作ります。この繰り返しがフレーミング作業の基本となるのです。一方、日本式では、壁芯で寸法計測を行い、3×6フィートの合板で床面を構成する。そのため周辺部にそって、壁芯と惻端のヒモと称するニインチ幅のヒモ打ちを行わなくてはならないのです。これはまったくムダ、余分な仕事なのです。しかもコストも高くつくのです。4×8と3×6の面積比は同じ一枚の合板で1.8倍の生産効率が違うことになるわけです。その上意味のないヒモ打ち作業は結構手間がかかるので、床面作業の生産性は北米式の約2倍かかるのです。導入当時、針葉樹の4×8フィート合板の輸入ができなかったことで、3×6合板を使うしか選択肢がなかったことと、日本の伝統的なモジュールに慣れた技術者にとって、壁芯による寸法計測をそのまま輸入住宅にも使ったほうが仕事の慣れがあって、作業効率が上がると考えたためだったのです。

 

※「へーベルハウス」の値引き交渉

※「大和ハウス」の値引き交渉

 

 

それには、まずフィート、インチ寸法を導入し、柱芯、壁芯の寸法取りをしないで、サイドバイサイド(側端計測)をすることを基本にすべきであったのです。日本式計測の柱芯、壁芯は、まず柱材と梁材の仕口、継手の加工方式にある。もちろん、在来工法といわれているポストアンドビームエ法では悪いといっているのでありません。ポストアンドビームエ法の場合、柱、壁の位置を決めて、基礎、束石の設置します。仕口、継手の加工は現場とは別の下小屋などで衲や衲穴を加工し、継手についても加工します。それを現場に搬び、芯墨にあわせて組み立てをして、建て上げていくのです。軸組工法では接合部の加工を下小屋で行うために、事前に芯寸法が必要なのです。一方、2×4工法・2×6工法では、すべてを(パネルエ法は別)現場で組み立てるので、不必要な仮定寸法をとらないのです。側壁寸法だけでいいわけです。本来、原野に家を建てるには、杭を打って、水平を確かめ、それを基礎として、土台を廻して床を作り、そこを作業台にしたのです。平面床の直角の精度を高めるために、対角線寸法を出してチェックします。内部壁についても外側壁からの壁面寸法で位置が決まるので、仕事が簡単にできるのです。したがって、生産性も上がるのです。

 

また北米式では、合板張りは床面材として使っているので合板サイズにあわせて壁割りをする必要がないのです。そのため廊下や部屋の大きさは自由に決められ、自由度の高い住宅が建てられるのです。しかし、日本式にはこの自由さ、合理性がないのです。日本では、3×6合板サイズをパネルモジュールと勘違いして、こだわりすぎているからなのです。要するに、2×4工法・2×6工法でやる限り、施工効率を上げることに焦点を当てるべきでなのです。床面をつくるのであれば、できるだけサイズの大きな合板を使うほうが、枚数も少なく作業効率が高く、床下幅、階段幅などは必要寸法を自由にとればいいのです。もちろん、部屋の大きさも自由に寸法をとればいいのです。ただし、構造壁および補強については、指示どおり正確に行う出来なのです。

 

2×4工法・2×6工法の構造は、ウッドフレームプラットフォームエ法というとおり、床面強度(ダイヤフラム)を十分に保持するため、合板接合部を本実(T&G)合板を使い、千鳥張りは当然として、釘打ちだけでなくクルー(接着材)でジョイスト(梁)との接合を強化して施工します。この生産システムを十分に理解して、同じ木造だから日本の軸組工法と同じ方法でできると考えるのは間違いである。まったく別の工法、たとえば、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などとして取り組むべきなのです。設計や積算方法や寸法取りの方法、断熱材の取付け方、ドライウォールエ法やファイアーコンパートメントの意味など、工法から技術にいたるまで、いま日本に流通している2×4工法・2×6工法住宅のほとんどは、北米のそれの特質を受け継ぐことをしていないのが実状です。たとえば外部合板および、石膏ボードは横張りが原則なのです。強度的に強いし、とくに本来行われるべき石膏ボードジョイントテーピングは縱張りだと技能者は腰を痛める。しかしわが国の実状はなぜか縱張りをしようとするのです。

 

全国に輸入住宅を標榜するホームビルダーは多いが、本格的に「北米住宅生産システム」を導入している企業は極めて少ないと言わざるを得ません。完成された合理的なシステムエ法をきちんと理解して継承しようとせず、半端に、安易に、付け焼き刃的に、在来工法の延長線上でしか輸入住宅をとらえていないのです。そんな業者の姿勢が残念ながら多いのが今の日本の現状です。

 

 

 

難しいことを長々と書いてきたが、要するに私が言いたいのは、今の日本の「輸入住宅」は偽物だということです。

 

 

そんな輸入住宅の見積もりがネットで取れます!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る