省エネ・高気密高断熱のポイントは「開口部・窓」

窓の省エネは必須!忘れてはならない開口部の断熱化

窓のイメージ

断熱のポイントは複層ガラスサッシ!!

窓からの熱損失にも注意が必要です。窓ガラスは単板では熱が伝わりやすいことから、複層ガラスを採用するケースが増加、最近は新築戸建て住宅の50%以上で用い ら れているといわれます。さらには高機能な 複層ガラスも登場し注目されています。  複層ガラスは、2枚のガラスの間に封入 された空気層が断熱材のように断熱効果を 発揮、これで窓ガラスによく見られる結も防ぐことができ、健康的な内装空間を実現できます。

 

 

サッシの材質にも注目

サッシには、軽量で耐久性、防火性に優 れたアルミニウムが最も多く使われていま すが、熱伝導率が高いところが難点です。  最近は、外枠と内枠を分離して、間に樹脂部品を入れたものや、内枠に異なる素材 を組み合わせたものも増えています。このほか、調湿性があり断熱効果が高い 木製サッシや、抜群の断熱性でデザイン性 も高い樹脂製サッシなどが注目されます が、コスト的にはやや割高。これらを内枠 に、アルミを外枠にしたものが人気です

 

 

玄関ドアもしつかり断熱対策をしておく

玄関は「家の顔」としてデザインに目が向きがちですが、忘れずに断熱性能をチェックしたいもの。ドアの厚みは通常40〜60mmで、内部には硬質発泡ウレタンなど、地域に適した各種断熱材が入っています。このドアと枠の問にすき間ができにくい構造になっているかが重要。また、ドアにガラスが入っている場合は、そのガラスの断熱性能も確かめましょう。ドア本体は木、アルミ、スチールなどの素材による性能や質感、コストを合わせて検討してみましょう。

 

 

高断熱・高気密に不可欠な24時間空調システム!!

設計の工夫で 自然の力も活用することも必要です。省エネには、自然の光や風を生かす設計も心がけましょう。太陽の光を効率よく取り込むには窓の方角や大きさを十分検討します。天井にトップライトを設けたり、中庭に而して大きく開口部を取る、ガラス張りのサンルームをつくるなどもアイディア。また、風が通り抜けるように窓を配置すると、夏でも白‥然の風の涼しさを得ることができます。最近は屋根を緑化して遮熱し、口中の屋根の温度を下げる屋上緑化も増えてきました。

 

室内の空気をきれいに保つ

家の気密性が高まれば室内の汚れた空気も気になります。また、湿気がこもると結露の問題も起きてきます。次世代省エネ基 準でも、2時間あたり換気回数I回の十分 な換気量を確保することが求められているように、これからの高断熱・高気密住宅に は換気量を24時間安定して確保できる計 画 換気が大切になってきました。  そこで注目されているのが全館型換気空 調システムで、一般住宅では排気型と熱交 換型の2種類があります

 

排気型は、汚れた空気を各部屋から回収 して排出する空気の流れを起こし、新鮮な 外気を給気囗から取り込むシステム。  一方、熱交換型は室内の汚れた空気と外 の新鮮な空気を、熱交換ユニットを介して 給排気するシステム。排気の熱を再利用して熱損失を防いでおり、室温を保ちながら 換気できるのが大きな特徴です。

 

 

コスト面では排気型、 熱効率では熱交換型が有利!!

いずれにもダクトタイプとノンダクトタイプがあり、璧内にダクトを通す場合は、配管工事費がかかってきます。イニシャルコストでは、排気型のほうが排気のみを機械で行うので、熱交換ユニットを設置するよりも割安。ただし排気型は建物に高い気密性と気流計算が不可欠です。ランニングコストでは、やはり熱交換型のほうが熱損失が少ないので有利です。ちなみに、熱交換型には、熱と湿気を交換して温度、湿度を保つ全熱交換型と、熱のみを交換する顕熱交換型があります。また、換気システムに冷暖房を一体化させたものもあります。基本システムは、換気ユニットに取り込まれた空気がダクトを通って冷暖房ユニットに送り込まれ、そこで熱交換が行われ、各部屋にモーターで冷温風が送られる仕組み。いずれも一考してみる価値があります。

 

 

温水利用の暖冷房の選択もあり!!

省エネタイプの給湯方式で注目されているのが「ガス温水暖冷房システムTES」(潜熱回収型給湯器)。温水を利用して床暖房はもちろん、住まい全体の暖冷房計画ができるシステム。約60℃の低温水と約80℃の高温水を同時に取り出して、低温水は床暖房へ、高温水はエアコンほか、浴室暖房乾燥機などにも使えます。いくつかのシステムパターンを設けているので、暮らしに併せた設備プランを選べるのも魅力です。

 

 

エアコンの選択!!

エアコンには、壁掛けタイプとビルトインタイプとがあります。壁掛けタイプは一般に広く用いられており、価格も手頃で取り替えも後づけもしやすいのがメリットです。ビルトインタイプは割高ですが、機器の出つ張りが少なく室内をすっきり見せるのに有利。なかでも人気があるのは、天井に設けるカセット型です。このほか、1台の室外機で各部屋の室内機を稼動させるマルチエアコンもあります。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る