設備や建材選びが家庭内事故を防ぐ!!

IHなどで家庭内事故を防ぐ!!

 

火事やヤケドの心配がないIHクッキングヒーターがお勧め

毎日の食事の準備や水仕事で長い時間を過ごすキッチンは、細かい配慮によって使い勝手に大きな差がつきます。身長に合わない高さのシンク毎日使うだけでも、体に余計な負担を与えることになります。無理せずに手が届く位置に収納庫を設置すれば、作業が非常にスムーズになります。さらには、シンクの下は通常収 納庫として使われていますが、ここをオー プンにすると椅子に腰かけたまま、あるいは車椅子を使いながら作業することが可能になり、足腰への負担をかなり解消出来ます。最近では、キッチンメ ーカーからはカウンターの高さを電動で調

 

整できる商品も登場しています。高齢化によって握力も落ちるので、レバ ー式やボタン式のコンロを採用すると、とても楽に操作することができます。立ち消え防 止機能のついたガスコンロもお勧めですが、火を使わないIHクッキングヒーター なら、火事の心配がありません。水栓はひとつのレバーで操作できるシングルレバー 式の方が操作が断然スムーズです。また、足元のスイッチ を押して吐水・止水を操作できるタイプもあります。床や壁、収納扉などに汚れがつきにくく、落としやすい素材を選ぶことで、毎日のそうじの負担を軽減できます。特に 床材は、水が飛んでもすべりにくく、掃除のしやすいものを選びましょう。

 

チェックポイント!!

●汚れにくい素材か

●水栓金具は操作が簡単か

●設備は安全か

●手元は十分明るいか

 

 

体にやさしい素材と床暖房で快適な空間に

家族がゆっくりくつろぐリビングスペー スは、家族全員が安心して過ごせる空間にすることがとても重要です。適度な明るさの照明を設置し て、快適な温度を保つよう冷暖房設備についても配慮しましょう。空気を汚さない床 暖房を設置して、家全体の温度差をできるだけ解消するのが理想的です。また、特に気をつけたいのが床の段差です。 高齢者の歩行は筋力が弱いため足先が十分 に持ち上がらず、ほんの2〜3cmの段差がっまずきや転倒事故の原因となります。ですから、できるだけすべりにくい素材を選び、部屋の敷居や引き戸のレールなどの段差は3cm以下に抑えるようにしましょう。掃除のしやすいフローリングなら、ダニなどの発生を防ぐうえ、車椅子でもラクに移動することができます。

 

また、扉は引き戸にすると開閉操作がスムーズです。開き戸の場合はドアノブよりもレバーハンドル式の方が操作がしやすいでしょう。また、あらかじめ間口を広く取っておけば、さまざまな状況に対応します。窓は開閉がラクな引き違い窓を設置。はき出し窓があれば、屋外へ気軽に出入りできます。スイッチやコンセントについても、使いやすい位置と機種を配慮しましょう。パネルタイプのスイッチなら、目が悪く力の弱いお年寄りでも操作がスムーズ。緊急時のブザーなども設置しておけば安心です。

 

チェックポイント!!

●他室との敷居に段差はないか

●床はすべりにくい素材か

●建具は力が弱くても開閉しやすいか

●十分な明るさがあるか

※「パナソニック ホームズ」の値引き交渉

※熊本地震に耐えた「ツーバイフォー工法」

 

 

浴槽の手すりは必須!!高さは30〜50pが最適!!

浴室は住まいのなかでも事故が起こりやすい場所です。浴室と脱衣室の段差をできるだけ解消することで、つまずき事故を防止出来ます。床もできるだけすべりにくい素材を選んで事故を防ぎましょう。浴室のドアは開閉がラクなものを選びましょう。3枚引き戸タイプを選べば開口幅が広くなり、介護の際もスムーズです。内開きドアは万が一の事故の時に障壁になるので、避けた方がよいでしょう。浴槽は、またぎやすく、腰かけながら入 浴できる高さ30〜50mの半埋め込み型が特にお勧めです。また、またぐ時に無理な体勢になら ないよう、浴槽のまわりに手すりをつけておきます。現在手すりは必要なくても、壁を補強しておけば後から取りっけることも 可能。洗い場や出入り口にも手すりがあれば、安心して入浴することができます。浴室の広さは介護のことを考えると、少なくとも1坪、できればそれ以上は欲しいところです。いざという時のために緊急時のブ ザーも設置しておけば万全でしょう。

 

※フローリングセレクトガイド

※「大和ハウス」の値引き相場

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る