住宅市場記事一覧

新設着工の大幅な回復は期待できない?日本の住宅市場は、最盛期には年間の新設着工戸数が200万戸近くまで伸びていましたが、今はそんな時代ではありません。2017年現在の総住宅数は5503万戸と総世帯数を大きく下回り、900万戸以上の空家が発生しています。全住宅に占める空家率は15.3%に達しているのです。数の上では、明らかに住宅は余っているのが現状です。しかも、新たなニーズの拡大は期待しにくいのが実...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る