住宅ローンを借りている人が死んだらタダ

借りている人が死亡したら ローン返済はどうなる?

団信保険

 

住宅ローンは長い期間をかけて返済していく人がほとんどです。返済期間中に一家の大黒柱が亡くなったり、ケガや病気で働けなくなったりという可能性もないわけでは ありません。そんなときのためにあるのが「団体信用生命保険」です。団信は、住宅ローンを返済している途中で死亡したり、高度障害になった場合に、本人の代わりに生命保 険会社が金融機関に対して住宅ローンの残高を支払う保険です。加入していれば、住宅ローンを返済す 必要はなくなり、家族は安心してその家に住み続けることができます。

 

 

団体信用保険とは?

団体信用保険(団信)は、住宅ローンを組んだ人が死亡したり高度障害になってしまったときに、残ったローンを完済する保険です。銀行など民間の金融機関でローンを組む場合、ほとんどがこの団信に加入することが融資条件になっており、機関によっては保険料が金利に組み込まれている場合もあります。

 

加入義務がなくとも、残された家族の住まいを保障し、一般の生命保険よりも保険料が割安なこともあるので、加入しておくことをおすすめします。保険料は掛け捨てで、所得控除の対象にはなりません。また、ローン返済開始後の加入はできません。加入の際は、保険料のムダをなくすために、現在加入している生命保険と保障がかぶる部分については見直しをしましょう。

 

※営業電話がかかってこない方法!!

※フローリングセレクトガイド

 

 

他の保険を見直す時期【がん保険など】

現在、加入している他の保険の保障額の中に、遺族の住居のための金額も含まれているなら、ぜひ保険の見直しをしましょう。余分な保険料を減らすことができれば、その分、返済額を増やして返済期間を短く設定したり、繰りヒげ返済の資金に充てることもできます。住宅ローンを借りて団信に入る夕イミングは、保険の見直しを行う時期でもあるのです。

 

ポイント!!

団体信用生命保険加入を前提に、加入している保険を見直してみよう。余分な保険料を減らすことができれば、返済額を増やして返済期間を短くすることもできる。

 

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る