フローリングのセレクトガイド

機能性の複合材フローリングvs自然素材の無垢フローリング

フローリング材のセレクト

 

内外装の仕上げ材は、デザイン性や価格を優先して選びがちです。しかし、長くつきあつていくものだけに、安全性や耐久性、維持管理にかかる費用など、トータル的に検討することが大切です。ここではフローリング材のセレクトガイドを紹介しています。

 

 

フローリングには、単層と複合の2タイプがある!!

床仕上げ材で最も一般的なフローリング材は、一枚ものの無垢材を使った「単層フローリング」と、合板でつくられた基材の表面に、天然木を薄くスライスした突き板を張った「複合フローリング」に大別されます。

 

 

味わい深い無垢材 「単層フローリング」

無垢材のフローリング

「単層フローリング」は、無垢材ならではの風合いが楽しめるほか、独特の魅力があります。そのひとつが、室内の湿度変化に合わせて、水分を吸ったり放出したりする調湿機能です。ただし、この機能を十分発揮させるには、木の呼吸を妨げない塗装で仕上げることが大切です。無垢材は手間がかかる一面もあります。
無垢材は、断熱効果が高く、空気を含んでいるため、冬でもぬくもりが感じられることや、表面に傷がついても、削り直しができる点も大きなメリットです。しかし、自然のものだけに、色むらや木目のバラツキが出やすい、パイン材などのやわらかい樹種のものは傷がつきやすいという傾向かあります。また、乾燥によるそりや割れが頻繁に起こりやすいため、床暖房の仕上げには使えず、電気カーペットを敷くのもおすすめできません。「無垢材は、高い」というイメージがありますが、樹種やグレードにより価格はまちまちで、リーズナブルなものあります。ほかに、一枚もののフローリングのデメリットである、乾燥によるそりなどを解消した、無垢の集成材でつくられたフローリングも最近では発売されています。

 

 

多彩な機能の製品がそろう「複合フローリング」

床材は、人の歩行や家具の移動で摩耗したり、水や食べ物などで汚れたりと、壁や天井の仕上げ材以上に過酷な条件にさらされます。フローリングは、部屋の使用目的に適したものを選び、ワックスがけの頻度などのメンテナンス面も気を付けたいところです。「複合フローリング」には、基材となる合板の構造や表面の突き板の厚さ、仕上げの塗装の種類などにより、いろいろな性能を備えたものが発売されています。また、突き板が厚いものほど価格は高くなりますが、傷がついても基材が見えることが少なく、耐傷性や耐摩耗性にすぐれています。

 

複合材フローリング「複合フローリング」は、木材を張り合わせてつくるため、接着剤に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質が気になるところです。JAS(日本農林規格)では、ホルムアルデヒドの放散量について等級を定めているので検討の際には確認をしてください。現在発売されている「複合フローリング」のほとんどは、最も厳しい基準のFco相当の低ホルムアルデヒド仕様ですが、ホルムアルデヒドを全く放散しないわけではありません。お子様のアレルギーやアトピーなど、シックハウス症候群が気になる方にはおすすめできません。ホルムアルデヒドは、高温になると多く放出される性質があり、夏場や長時間閉め切って外出した場合は、十分な換気をすることが必要です。床・壁・天井の下地材や造りつけの家具に使う合板なども極力ホルムアルデヒドの放散量の低いものを選びたいものです。

 

 

 

 

高齢者がいる家庭では、危険が少ない床材に!!

小さな子供や高齢者が安全に暮らすには、滑りにくく、転んでもけがの恐れが少ない床材を選びたいものです。その点、弾力性のあるコルクやカーペットは、万が一転倒しても衝撃が緩和され、ぬくもりがあるところも大きなメリットです。カーペットは、ハウスダストがたまりやすく、ダニの温床になりやすいと敬遠されがちでしたが、最近では、空気中のホルムアルデヒドを吸着するものや、抗菌・防ダニ加工が施されたもの、防汚性をもたせたものなど種類も豊富になっています。また、紡績糸を使ったカーペットには、必ず遊び毛という短い繊維が出てきます。使っているうちにだんだん少なくなってきますが、バイバイする赤ちゃんがいるお宅では、遊び毛の少ないナイロン糸を使ったものが良いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る