サニタリースペースのセレクトガイド

「お風呂」「トイレ」「洗面所」の基本的なセレクトガイド!!

サニタリーのセレクトガイド

 

ここではサニタリースペースの設備機器のセレクトガイドをご紹介しています。住宅の設備の中でも進化のスピードが速いのが、このサニタリースペースの設備機器です。便利なものから、安価なもの、そして高価なものまで、各社が様々な商品を展開しています。

 

目次

 

【スポンサードリンク】

 

 

「浴槽」「水栓金具」のセレクトガイド

浴室の広さとバス水栓の種類によって、設置できる浴槽のサイズが変わってきます。一般的な1坪タイプの場合では、バス水栓がデッキタイプならば間口が140m、水栓が壁づけなら160mの浴槽が最適と言われています。

 

最近注目の浴槽は、心臓に負担がかからないといわれる半身浴ができるベンチがついたタイプです。各メーカーが新商品を発表しています。そのほかに、ヘッドレストやアームレスト、ハンドグリップがついたものがあるので、入浴スタイルを考えて最適なものを検討しましょう。

 

浴室の水栓金具は、湯温か設定できるサーモスタット機能つきが便利で、特に子供が小さい家庭には安心です。これも最近では常識になっています。また、長時間湯を出していても本体が熱くならず、やけどの心配のない本体昇温防止機能つきのものもあります。

 

※300万円も値引きさせて裏ワザとは?

※注文住宅の資料請求はこちら

※地震に強いハウスメーカーとは?

 

 

「システムバス」「ユニットバス」のセレクトガイド

ユニットバスセレクト新築でもリフォーム、あるいはリノベーションでも人気が高いのがシステムバス・ユニットバスです。ひと昔前とくらベカラーバリエーション・デザインバリエーションが豊富になり、機能性も大幅にアップしました。システムバスは工期が非常に短くてすみ、2階への設置がしやすいなどの大きなメリットもあります。各メーカーが力を入れているのが、バリアフリータイプやユニバーサルタイプといわれるものです。出入り口の床の段差の解消や手すりの設置、低めに埋め込まれた浴槽など、どんな年代の人にも使いやすい配慮が常識となりつつあります。高齢の家族がいなくても検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、オプションや入れかえアイテムが充実しているのもシステムバスのうれしい特徴です。入浴しながらニュースがチェックできるバステレビやスチームサウナ、ミストサウナ、魔法瓶浴槽、ジェットバスなど、バスタイムの過ごし方を考えて選びましょう。

 

※電話がかかってこない! 資料請求とは!

 

 

「洗面化粧台」のセレクトガイド

洗面台のセレクト

洗面化粧台は、洗面キャビネットとミラーキャビネットを選んで組み合わせる構造がポピュラーです。ウォールキャビネットやサイドキャビネットなどの収納部材が充実した機種があるので、設置スペースや目的に合わせて慎重に選びましょう。

 

洗面キャビネットの水栓金具には、洗髪タイプと洗顔タイプの価格は洗顔タイプより高めになりますが、手軽にシャンプーができ、ヘアカラーをする際にもとても便利です。最近の傾向としては、洗面ボウルが大型化していることがあります。ニットなどを自宅で洗濯したい場合は、大きめのボウルが最適です。また、洗面ボウルとカウンターが一体になったタイプは、ボウル周囲のつなぎ目がないため、手入れが簡単にできます。これが今後の主流となるでしょう。

 

 

「トイレ」関連機器のセレクトガイド

便器には、便器と便座、ロータンクが一体になったタイプと、それぞれを選んで組み合わせるタイプがあります。一体型は、つなぎ目が少ないため、掃除がとても簡単です。組み合わせ型は、将来便座だけをとりかえるという場合に向いています。新開発の便器は、水ア力などの汚れがつきにくい加工がなされているため、従来より手入れが非常に簡単になりました。

 

また、便器の洗浄方式にはいくつかの種類があり、水たまり面が広いものほど、においが拡散しにくく、汚れもつきにくくなっています。最近では電気での強制排水が主流となっています。狭いトイレでは、ロータンクの上に手洗い器がついたものもよいのですが、少しスペースに余裕があるのであれば、半埋め込み式の手洗い器や奥行きの浅いカウンター式手洗い器もあるので、検討してみてください。

 

 


■サニタリースペースもバリアフリーに

浴室もバリアフリーに!!安心して入れるお風呂に!!

浴室・ユニットバス・システムバスは、サニタリーのなかでもバリアフリー対策が重要な箇所です。ポイントとして、安全性、使いやすさ、照明、冬場の暖房などがあげられます。床は、洗面脱衣室との段差をなくし、滑りにくいタイルを選びましょう。洗面脱衣室から浴室への移動や浴槽への出入りに役立つ手すりも、動線を考えて適切な位置に設置するべきでしょう。もしくは将来に備えて、手すりの下地を入れておくことをお勧めします。

 

給湯器のスイッチや水栓金具類も操作が簡単な大きめのタッチパネルのものを選ぶことが大切です。冬場に備えて、床暖房や暖房機能がついた換気装置を設置すれば快適に入浴できます。ヒートショック対策にもなります。ですが、機器は操作が簡単なものを選びましょう。細部まで安全性を考慮してトイレの出入り口は、床の段差をなくし、ドアなら外開きにすれば、万一のときにもあけやすくて安心です。手すりを設置してもゆとりがあるように、間口を広めに。トイレは、出来れば高齢者の部屋の近くに設置し、廊下やトイレの入り口に足元灯をつけると夜間でも安全に利用できます。

 

 


■バスルームとカビ対策

抗菌加工のアイテムや換気で清潔に保つことが重要!!

カビ対策 風呂浴室のお手入れには頭を痛める方も多いのではないでしょうか。湿度や温度が高く、せっけんカスやアカなどの汚れが付着して、浴室はカビやヌメリの発生しやすい場所です。こうした悩みを解消するには、今注目の抗菌や防カビ加工の製品をとり入れるのが効果的です。

 

最も気になるタイルや目地をはじめ、水栓金具、浴槽、棚、手すりなど抗菌アイテムはバリエーションも豊富です。浴室を清潔に保ち、家を長もちさせるには、湿気をすばやく追い出すことがとても重要です。浴室換気乾燥機や湿度センサーつき換気扇などを設置したり、窓も風通しのよさを考えてプランニングしましょう。また、入浴後は窓やドアをあけ放ったり、まめに掃除するなど日ごろのケアが大切です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る