『アキュラホーム』の坪単価・口コミ・評判

550万円の家『アキュラホーム』 ネットで見積もり!!

 

 

 

アキュラの家

 

「550万円の家」で、お馴染み!!

 

アキュラホーム

 

 

『アキュラホーム』の見積もり請求はこちらです!!

      

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

 

undefined

 

 

要注意!!  

『アキュラホーム』 見積もりの注意点!!

 

 

●代理店によって見積もり金額が違うことがある!!

 

見積もりの注意点

550万円の家でお馴染みの「アキュラホーム」は、非常にリーズナブルでありながら、大収納が人気のローコストハウスメーカーです。特に女性から人気がたかいのが「大収納のある家」です。しかし、アキュラホームには見積もりに関しては注意すべき点があるのです。それは見積もりをとる代理店によって価格が異なるということです。

 

アキュラホームはフランチャイズ制(代理店方式)で運営されています。販売、設計、施工、アフターサービスまでを各地のアキュラホーム指定代理店が全て行います。もちろん見積もりの作成も各代理店が行うのですが、その際に代理店によって見積もりの金額が異なる場合があるのです。全く同じ大きさ、同じ広さ、同じ仕様の住宅でも、何十万円、場合によっては100万円以上も違うケースがあるのです。ですから、もしご検討の地域に複数のアキュラホームの代理店がある場合は、必ず「相見積もり」を取って比較することをお勧めします。また、あえてご検討の地区以外の代理店にも、見積もりを請求をしてみるのも賢い判断となるかもしれません。さらには施工技術やアフターサービスなどが、代理店によって差があると言われています。評判や口コミなどを調べて総合的に判断することも重要です。

 

 

★『大収納のある家』の見積もりが自宅に届く!!

大収納のある家

【タウンラフ ハウスメーカー特集】の3つのポイント!!

展示場へ行かなくても、ネットで「見積もり」!!
ネット見積もりので、しつこく営業をされない!!
複数社からまとめて見積もり請求可能!!

 

【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、インターネットからの申し込みで見積もり請求が簡単にできるのです。わざわざ時間を作って住宅展示場や、モデルハウスに行かなくてもよいのです。しかも、しつこい営業をされる心配もありません。更には、複数のハウスメーカーの見積もりを、まとめて一括で請求することも可能なので、比較検討がしやすいのです。

 

また【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、見積もりと一緒に「間取りプラン」も一緒に送ってくれるので、さらに具体的な検討が進むのです。ネットで見積もりと間取りが揃うのです。もう、展示場やモデルハウスへ行く必要がないかもしれません。しかも見積もり請求は何社しても“無料”“タダ”なのです。ですから仮にアキュラホームの見積もりを既に持っていたとしても、他のハウスメーカーの見積もりも請求するべきなのです。何しろ“無料”“タダ”なのですから・・・・活用しない手はありません。住宅選びは比較検討が重要なのですから・・・ネットで簡単に見積もりが請求できるのに、それをやらずに・・・・・後になって後悔しても知りませんよ!

 

【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、唯一のネット見積もりサイトです。資料請求やカタログ請求のサイトはいくつかありますが、ネットで見積もりが請求できるのは【タウンライフ ハウスメーカー特集】だけなのです。

 

※「へーベルハウス」の値引き交渉

※「大和ハウス」の値引き交渉

 

 

アキュラホームとよく比較されるハウスメーカーは・・・・

「アイフルホーム」

「タマホーム」

「フィアスホーム」

「アエラホーム」

「ユニバーサルホーム」

「サンヨーホームズ」  

等があげられます。

やはり、ローコスト系のハウスメーカーと比較されることが多いようです。中でも「タマホーム」「アイフルホーム」が最大のライバルとなっているようです。特にタマホームは、アキュラホームと競合すると、かなり大胆な値引きを行っているみたいです。

 

 

アキュラホーム『大収納のある家』 特徴と坪単価!!

 

大収納は便利

550万円の家でお馴染み「アキュラホーム」の最大の特徴は1階と2階の間に作られた大きな収納空間です。収納空間にたっぷりと収納して、スッキリと暮らせることができるアキュラホームの人気住宅です。また収納スペースを利用して、1階に高い天井の吹き抜けを設置し開放的な空間を実現しています。最近ではこの収納を活かして「自由の間」を作ったり、収納内を1階から見えるようにして「見せる収納」など、様々な工夫がされています。元々は「ミサワホーム」の『蔵のある家』の専売特許でしたが、今ではミサワホームの特許期間が切れています。「大収納のある家」発表時の参考坪単価は35.8万円となっていました。

※「パナソニック ホームズ」の値引き交渉

※熊本地震に耐えた「ツーバイフォー工法」

 

 

『アキュラホーム』 3つの特徴!!

広く住むための新発想 たっぷり「大収納」
開放感抜群 最高3.8mの「吹き抜けリビング」
日本最大の工務店グループ「ジャーブネット」を活かしたコストカット

 

 

 

『アキュラホーム』 商品ラインナップ 2017【最新版】

名称

種類

「大収納のある家」 2階建て
「収納上手の家」 2階建て
「ZEHの家」 2階建て
「空間上手の家」 2階建て
「賃貸収入のある家」 2階建て
「愛犬と暮らせる家」 2階建て
「3階のある家」 3階建て
「平屋の家」 平屋

やはり「大収納のある家」が人気となっています。しかし、それよりも規格型の住宅のほうが数的には多いようです。

 

 

『アキュラホーム』の価格&坪単価 (口コミ集めてみました!!)

 

我が家は36坪、諸経費込みで2100万くらいでした。

うちの場合、付帯工事費(屋外給排水、架設工事、各種申請・地盤調査など)が約350の見積もりが出ました。ほぼ同条件の内容で、一条工務店の付帯工事日は180万ほどでした。アキュラでも一条でも建てませんでしたけど、アキュラは高すぎだと思いました。

35坪で計画しました。大まかですが、本体1600万、付帯300万、外構200万でした。

(坪単価38.25万円)
40坪 外構&諸費用別 1,530万円の見積もりでした。タマホームの方が安くて標準設備が良いのでそちらで建てました。標準仕様は圧倒的にタマホームが良いです。アキュラホームは「大収納」がよかったのですが、タマホーム並みの設備にするとかなり割高になりました。いまさら、タマホーム
のほうが良かったかなと、後悔しています。

(坪単価55.2万円)
延べ床2階建て38坪、本体価格のみで2,100万円の見積もりでした。うちはオプションや設計変更、作り付けの家具などたくさんやったのでこんなに高価格になりました。でもかなり値引きしてもらいました。オプションや設計変更の見積もりはかなり細かいです。同時に話をしていたタマホームは「一式」みたいな表現ばかりでしたが、アキュラホームは細かい項目の一つ一つに金額表示をしてくれました。とてもわかりやすい見積で安心感がありました。それと大工の棟梁次第で家の品質が大きく変わると思います。うちは色々とあったので・・・・良い大工の棟梁だといい家が建ちます。

(坪単価47.2万円)
うちは37坪 2階建 1,750万円でした。2012年に建てました。大収納が気に入って決めましたが大正解でした。使いづらいとか言う人がいますが、うち的には全くそうではなく大変重宝しています。おかげで部屋に家具をほとんどおいていません。ものは全て大収納とクローゼットに入っています。検討時には同じような収納があるミサワホームと悩みました。確かにミサワホームの方が色々な間取りを提案してくれたので、設計の自由度は高いと思います。しかしアキュラホームと比べて坪単価で20万円以上も違っていたので、アキュラで決めました。工事のほうもスムーズに進み、立派な家が建ちました。

(坪単価45.0万円)
延床42坪で1890万円も見積もりでした。我が家は10年ぐらい前に建てたので、それから少しは上がっていると思います。アイフルホームさん、アエラさん、タマホームさん等が候補でしたが、「大収納」でアキュラホームさんに決めました。あと、家自体は大工さん次第です。完全な木造なので、大工さんの腕でかなり出来栄えが違ってくると思います。うちは大工さんでしたので、家は立派に建ちましたが、「工賃が安い」とぼやいていました。コストダウンで工賃を落とす弊害が少しはあるようです。

(坪単価47.0万円)
ほかのハウスメーカーが第一候補でしたが、チラシのキャンペーンにつられて展示場へ行きました。結局1,740万円で契約しました。(37坪)かなりキャンペーンやあれやこれやで値引きしてもらいました。アキュラホームで建てるなら値引きは粘った方がいいです。うちも粘り勝ちです。でもきちんと建築はしてもらいました。営業の方も設計の方も現場の方もみんないい人ばかりです。

(坪単価46.7万円)
坪単価37.5万円のチラシがポストに入っていたので、展示場へ行って見積もりしてもらいましたが、、出てきた見積は、「43坪 2,010万円・坪単価46.7万円!!」でした。結局は何から何までオプションばかりで、こんな坪単価になりました。標準仕様の一覧表をもらて帰って家でよく見ましたが、本当チープで賃貸住宅みたいです。普通の家にするとやっぱり坪単価45万円くらいにはなるみたいです。

 

 

ネットの書き込みには、このような坪単価&価格の口コミがありました。

 

アキュラホームの看板商品「大収納のある家」は、平均的に坪単価45〜50万円といった感じでした。最近では以前のような安さはなくなりましたが、それでも「大収納」が付いてこの坪単価はとてもリーズナブルです。元祖のミサワホームの「蔵のある家」よりも、坪あたり15〜20万円も安いということになります。もちろん躯体の構造や強度、耐震性、または各種の設備の仕様の違いはありますが、そこにあまりこだわらなければ、アキュラホームのほうがかなりお買い得です。しかし、全体的に標準仕様のグレードが低いという書き込み・口コミが多いようです。価格的にもかなり差があるので、致し方ないところでしょうか。最近では少しテコ入れ等をしたようですが、それでもタマホームの標準仕様よりも劣っているという話です。

 

また、「職人品質」を謳っているだけあって、アキュラホームの家づくりには職人の質が大きな影響を及ぼします。大手ハウスメーカーが採用している、工場で作ったものを現場で組み立てるプレハブ工法(工業化住宅)ではない、大工職人の技量が大きなウエイトを占める木造軸組工法です。そのため大工職人によって家の出来栄えが大きく左右されます。ですから、あまり強引な値引き交渉をすると・・・手の悪い、安い大工を入れられ・・・などと言った怖い書き込みもありました。

『アキュラホーム』を実際に建てた時の価格や坪単価を知りたい方は、こちらで見積もり請求してみてください!!

※営業電話がかかってこない方法!!

※フローリングセレクトガイド

※「大和ハウス」の値引き相場

 

 

 

 

■株式会社アキュラホーム 浜松支店 FP新田ひろ美「浜松 家づくりカフェ」(第53回)

 

 

■アキュラホーム相模原展示場

 

 

【公式】アキュラホームHP

※画像はアキュラホームHPより引用

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る