日本の「輸入住宅」はアブナイ

見せかけだけり「輸入住宅」の真実!!

 

私は数多くの輸入住宅を売っていました。そして、数多くの輸入住宅を見てきました。

 

確かに輸入資材は使っているものの、間違ったやり方で設計、施工しているケースが非常に多いのです。日本と北米の2×4工法・2×6工法住宅の両方の方法がごっちゃになっているケースなど、正確な北米式2×4住宅の生産システムの理解や工法・技術の融合はほとんど行われていないのが現実です。とにかく資材を輸入して、あとは日本の職人まかせ、外国人技能者まかせとなっているのです。あるいは資材さえディストリビューター(資材の輸出業)まかせで、日本の風土に適した資材の吟味、選択をしていないし、その眼力も十分には養われていないのです。知識や技術を指導できる人材もしなし輸入住宅の本来あるべき性能、機能、工法、設計、積算、輸入業務……輸入住宅建設に必要なすべてのノウハウに関して理解も習得もなされないまま、ただ輸入住宅と称される建物だけが急速に普及し、ひとり歩きしているのが今の日本の現状です。しかも行政が音頭をとって、安い安いと購売力平価でコスト差があまりないことを理論づけしようとしてみても、それは数字だけの話で、実際住宅の質向上やコストダウンに結びついていないのです。それが輸入住宅業者のほとんどの水準であり、輸入住宅ブームの実態なのです。

 

 

北米・欧米の家づくりをなめている日本人!!

これには、政府による貿易インバランス是正のための輸入促進拡大政策にのり、輸入資材のみが先行したことがあげられます。たとえば、一戸分の資材輸入は車四台分に匹敵するといった暴論もあったのです。それから日本の業者の知識不足、勉強不足が背景にあるといえます。アメリカでは素人が日曜大工で家を修繕する。不器用なアメリカ人でもできるくらいだから、その施工技術は稚拙なものなのだろう。それなら海外の資材に、在米工法の技術をたせば、日本でも輸入住宅なんて簡単にできると勘違いして、北米住宅のルールやマニュアルをきちんと勉強していない業者が実に多いのす。北米や欧米の住宅をなめているのです。

 

 

日本の輸入住宅の施工レベルの低さ

たとえば壁の断熱工事は、輸入住宅の気密性、断熱性を高める重要な作業で、その施工技術は北米住宅工法のポイントとなるのです。特に正確さを求められる技術です。誤った断熱材の入れ方をすると、壁内結露を起こし、ランバーが腐ってドロドロになり、形をなさなくなるのです。外壁にクラック(亀裂)が入ったりして、ときには建て直しを余儀なくされることもあるほどです。そのため北米式では、室内外の湿度を壁の中へ浸透させないよう、プラスターボードの間にベーパーバリヤーとしてポリエチレンシートを張るなどして密封性を高めることがされます。高い精度を要求される技術なのです。しかも、高温多湿の日本の風土には慎重な仕事が望まれまる。にもかかわらず、日本では断熱材などスタッドの間に押し込んでおけばいい、といいかげんな施工が行われていることがめずらしくないのです。やがて問題化して、クレームやトラブルのもととなる危険性が高いのです。合理的にできているとはいえ、一国の文化、システムを導入することは一朝一夕でできることではないのです。

 

設計、工法、技術などのルールやマニュアルを1から謙虚に学んで、正確に取り入れることを心がけるべきで、我流にアレンジしたり、従来の技術からの当て推量で行ったりして、本場の方法論やノウハウを矮小化すべきではないのです。そうしないと、日本に本格的な輸入住宅はいつまでも根づかないのみならず、輸入住宅の「輸入」が、まがいものや偽物の意味しか持たなくなってしまうのです。

 

※「へーベルハウス」の値引き交渉

※「大和ハウス」の値引き交渉

 

 

「輸入住宅」が偽物になった経緯 【日本初の2×4住宅】

北米の2×4工法住宅が日本に輸入されたのは1960年代のことです。当初は、アメリカで高性能の住宅が安く提供されていることに驚き、その生産性の高さをわが国にも実現しようと、システムや工法を謙虚にストレートに学ぼうという気運があったのも確かです。ことに住宅建設を生産性の視点からとらえる発想はわが国にはないものだったのです。北米型2×4工法のもつ合理的な生産システムを武器に経営体質の強化をはかり、地域に高品質の安い住宅を提供しようという目的で、日本ホームビルダー協会も設立されました。在来工法、プレハブ住宅につぐ第三の住宅として位置づけ、いまだ近代化の遅れた住宅業界全体の生産性向上運動のエースとしても期待されたのです。

 

 

JAS規制や様々な制約で偽物になった「輸入住宅」

しかし実際に、建設にとりかかってみると、特殊建築物としての認定を受けなければならないことをはじめ、さまざまな制約を受けざるをえず、結果的には、JAS規制問題など、日本の2×4住宅は「変質」せざるをえなかったのである。偽物、まがいものになってしまった要因の一つです。当初は北米の工法や技術ノウハウを謙虚に取り入れようという動きが、やがて2×4工法住宅を謳い文句にしてマーケット拡大をはかろうとする商業主義に流れていってしまったのです。そのため、生産性向上による高品質、低価格の住宅供給という目的がしだいに薄れていってしまったことが私は残念でならないのです。

 

※熊本地震に耐えた「ツーバイフォー工法」

※営業電話がかかってこない方法!!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る